スポンサーリンク
カテゴリー

『イト』(クリープハイプ)の音域

こんにちは。今回はクリープハイプの『イト』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『イト』(クリープハイプ)、Ito(CreepHyp)
『イト』(クリープハイプ)









【地声最低音】mid1B(B2) 

☆いつか君m1E[のい]m1B{と]E[が]見えるまE[で]【ラストサビ前[落ちサビ]】

m1E[こ]の度はどうE[も] 末長くどE[うか]【Aメロ】 

※通常のサビよりキーが1オクターブ下になります。低音が苦手な方は通常サビと同じキーでも可


【地声最高音】hiD(D5)  

hiD[いつ]hiC[か]hiA[こ]の糸が千切A[れ]hiA#[る]A[ま]【ラストサビ[転調+1]】
★今hiA[は]hiA#[お]A[ど]hiD[手]hiC[の]A[ひ]らで

※ラストサビで転調します。hiDの登場回数は6回です。


【補足】mid2G#hiCを含むフレーズ一覧

★こhiB[の]m2G#[た]B[び]G#[]B[ど][うも]【1番Aメロ】
★くm2G#[も]hiB[き]G#[あ]やしい

★身hiA[う]A[き]取らなければこのままにんぎょA[う]【2番Bメロ】
★m1E[踏]み外してもこhiA[ろがる]m2G#[意]A[思]

hiA[ん]hiA#[ど]hiC[で]も探せ【ラストサビ[転調+1]】


 まず、『イト』についてです。この楽曲は、2017年にロックバンド・クリープハイプによりリリースされたシングル作品です。アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』に収録されております。
 同曲は、同名漫画を原作とした映画『帝一の國』のために書き下ろされました。クリープハイプのYouTube公式チャンネルで公開されているMVは、2020年12月現在、1000万回近くの再生回数を記録している人気作です。

 『イト』はアップテンポのバンド曲です。歌メロについてはAメロBメロサビといった形で作られております。2番ではサビが無く、間奏を挟んでラストのサビに向かいます。そのため、演奏時間も3分半とコンパクトで密度が濃いです。また、ラストのサビでは転調し、キーが1つ上がります。

 歌メロの音域については、最高音がhiDであるため、一般的な男性曲としてはかなり高いです。ただ、クリープハイプの作品群の中では難しくなく、比較的手を付けやすい方になるのではないかと思います(一般的にはかなり高いキーです)。



 さて、『イト』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロ音域が構成されております。一般的な男性の音域に比べて、かなり高めになります。以下、みていきます。

 まず、地声最高音hiDはラストサビで登場します。回数も6回と少なくないです。ちなみに、同曲は、ラストサビで転調し、キーが1つ上がります。よって、通常のサビではhiC#が最高音になります。
 いずれにしても、男性曲としてはかなり高いですので、一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいです。

 『イト』は音域自体が広めであるため、そのままだとキー調整はしにくいです。低音域はラストサビの前の部分で1オクターブ下が歌唱される場面で登場します。その部分を通常サビと同じキーで歌唱すれば、キー調整の余地はかなり広がります。
 ただ、キー調整するとしても、やはりある程度歌い慣れておく必要があると思います。

 『イト』は原キーで歌唱する場合は、hiD等の高音域が頻出となりますので、やはり難しめの曲になります。原キーの場合は、どちらかといえば女性の方が合いやすいかもです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 銀河涼 より:

    いつかカラオケで歌いたいと思いながら聴いてます。私がよく歌う男性シンガーではやはり尾崎さんとtkさんの二人は歌うのにかなり苦労しますね。
    『イト』は自分で聴いて、クリープにしては歌いやすそうと感じていましたが、やはり手をつけやすい曲なのですね。

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    初期の作品に比べると比較的楽なのではないかと思います。
    ただ、サビが少し長いので、その辺はやはりちょっとしんどいかもです。
    一般的にはかなり高いキーですね。