スポンサーリンク
カテゴリー

『Step and a step』(NiziU)の音域

こんにちは。今回はNiziUの『Step and a step』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『Step and a step』(NiziU)
『Step and a step』(NiziU)









【地声最低音】mid1G(G3) ※Cメロラップパートで1回

※ラップパートで登場します。重要度は高くないです。歌メロは、mid2Dが最低音でかなり高め


【地声最高音】hiD(D5)  ※Cメロで1回

★目を閉じて澄ませば m2D[見]hiD地[え]hiB[て]くるよ

※曲全体でhiCが多く登場します【補足】参照


【補足】hiB(一部略)hiCを含むフレーズ一覧

★みhiB[ち]に迷った時hiC[は]B[ね]【Aメロ】
★hiB[Oh 後ろ振り]返ってみて ほら 君hiC[の]B[あ]し跡【Bメロ】
★きhiC[み]hiB[を]誇るべきだB[から]ぁ B[Let’s] C[go]

hiB[Step and] a step【サビ】
hiB[Step and] hiC[a] step 私C[だ]B[け]のペースで
★ゆっくり行ってもいい 休んでhiC[み]hiB[て]もいい
★自分らしく hiB[Just believe yourself]
hiB[E]verything will be fine [E]verything will be okay

★頬に触れてく 風hiC[感]hiB[じ]てみて【Cメロ】


 まず、『Step and a step』についてです。この楽曲は、2020年に女性アイドルグループNiziU(ニジュー)によりリリースされたシングル作品です。NiziUはデビュー前の楽曲『Make you happy』(過去記事)が大きな話題となっていましたが、本作『Step and a step』が正式なデビュー曲となるようです。

 さて、『Step and a step』はアップテンポのポップナンバーです。作詞作曲アレンジはJ.Y. Parkさんが中心になって制作されております。AメロBメロサビといった形で作られており、Cメロの後半にはラップパートが入ります。

 『Step and a step』の歌メロの音域的な特徴についてです。上では細かくは表記しておりませんが、同曲は、楽曲全体を通してhiB~hiCといったやや高めの音階が頻出します。でたらめに高いキーではないですが、1人で歌唱する場合は、持久力が求められる作品となっております。原曲では、メンバーが代わる代わる歌唱しており、非常に耳に残りやすいです。




 さて、『Step and a step』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域より少し高めといったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Gについてですが、ラップパートで登場します。【君だけの未m1G[来] 】のところです。ただ、ここはあまりこだわらなくても良いと思います。ラップパートは多少音程がズレても良いので、リズム感を重視した方が良いと思います。このラップパート以外では、mid2Dが最低音になります。
 
 一方、地声最高音hiDはCメロで1回だけ登場します。回数としては少なめです。ただ、同曲は、hiC,hiBといった比較的高めの音がサビだけでなく、AメロBメロなどでも多く登場します。そのため、1人で歌唱する場合は、高音域をスムーズに歌いこなす力と、持久力が求められることになります。場合によっては、キーを下げて歌唱しても良いと思います。原曲のように、複数人で歌唱すると負担が減り、歌いやすいです。

 『Step and a step』はラップパートを除くと、歌メロの音域は広くありません。よって、キー調整はしやすいです。歌い慣れていない人向けの可能であり、練習曲としても使いやすいと思います。ただ、私なりのイメージですが、『Make you happy』(過去記事)の方が歌メロは覚えやすく、歌いやすいのではないかと思います。また、どちらにも共通して言えますが、ラップパートは難易度が高く、練習が必要になります。慣れないうちは、ラップパートを除いても良いかもしれません。





 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする