こんにちは。今回はクリープハイプの『栞』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『栞』(クリープハイプ)、Shiori(Creephyp)


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★空気を読むことに忙しくて m1D#[い][ま][わ]すれてたよ(Aメロ)
★後ろ前逆の優しさは、すこしだけm1D#[ほ]んとうだった(Bメロ)
★簡単なあらすじm1D#[なん]かにまとまってたまるか

★手軽に持m1D#[ち]運べる文庫になって


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※各サビで1回ずつ

hiA#[う]m2G#[つ]むいてG#[る]くらいhiC#[が]A#[ちょ][う]hiD#[ど]C#[い]


【補足】mid2F#(一部のみ)hiC#の注意箇所

★途中でやめた本の中にm2F#[挾んだ]ままだった(Aメロ)
m1D#[意]味不明な2人m2F#[の]F#[な]m2G#[し](Bメロ)

m2G#[ひ][ひ][舞][文][が]hiA#[綺]G#[麗](サビ)
hiC#[か]hiA#[ぜ]G#[に]舞う
hiA#[う]m2G#[そ]A#[よ ご]G#[め]んね
★新しい街にいってm2G#[も]hiA#[元]G#[気]G#[ね]
★地面にhiA[咲]m2G#[い]F#[てる]

★それまでは待って地面にみhiA[ず]m2G#[を]G#[る]


『栞』(クリープハイプ)









 まず、『栞』(しおり)についてです。この楽曲は、2018年に4人組バンドのクリープハイプによりリリースされたアルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』に収録されているナンバーです。『FM802 × TSUTAYA ACCESS』の2018年度キャンペーンソングとして書き下ろされた楽曲です。ラジオのキャンペーンとして、    尾崎世界観さん(クリープハイプ)、あいみょんさん、片岡健太さん(sumika)、 GENさん(04 Limited Sazabys)斎藤宏介さん(UNISON SQUARE GARDEN)、スガシカオさんという豪華なメンバーで歌唱されました。その後、クリープハイプ自身がアルバムでセルフカバーする運びになります。

 『栞』は春のキャンペーンソングということもあり、爽やかなバンドナンバーとなっています。カラオケなどで歌唱しても合いやすいのではないかと思います。『栞』というタイトルにあるように、要所要所で本を想起させるフレーズが登場します。サビで「桜散る桜散る」というややネガティブなフレーズを敢えて持ってくるところが非常に印象に残ります。個人的には「句読点がない君の嘘はとても可愛かった」という部分が特に好きです。

 『栞』の音域的な特徴についてです。クリープハイプらしい高音域が登場します。ただ、当ブログで過去に取り上げた『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』『憂、燦々』などと比較すると、高音域は抑え気味なのであると言えます。それでも一般的にはかなり高いキーです。



 さて、『栞』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されています。 一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#は各サビで1回ずつ登場します。また、サビではhiC#も登場します。尾崎世界観さんは表記の通り地声で歌唱されているのですが、場合によってはこのhiC#,hiD#あたりは裏声でもよいかもしれません。ニュアンスとしては少し変化しますが、この場面を裏声で歌唱すると、地声最高音がhiA#あたりになるので、より多くの人に手に届きやすくなります。

 ただ、高音域を裏声で対処するとしても一般的にはかなり高いキーになります。よって、キーを下げて歌唱するというのがオーソドックスな流れになるのではないかと思います。例えば、原曲キーから5つ下げると、mid1A#~hiA#という音域になり、かなり歌いやすくなります。場合によってはもう少しキーを下げてもよいです。ただ、音域は広めですので、ある程度歌い慣れた人が対象になると思います。

 『栞』は音域自体が広めですので、普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて歌唱するといった事にはあまり向きません。別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが良いと思います。