スポンサーリンク
カテゴリー

『AIAIAI (feat.中田ヤスタカ)』(Kizuna AI)の音域

こんにちは。今回はKizuna AI[キズナアイ]さんの『AIAIAI (feat.中田ヤスタカ)』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『AIAIAI (feat.中田ヤスタカ)』(Kizuna AI[キズナアイ])、『AIAIAI (feat.Yasutaka Nakata)』(AI Kizuna)
『AIAIAI (feat.中田ヤスタカ)』(Kizuna Ai)









【地声最低音】mid1G#(G#3) 

★なんm1G#[で] なんG#[で] 理由なんてhiA#[な]いっ【Aメロ】

※このm1G#を除くと、mid2D#が低音です。意外と高いです。


【地声最高音】hiD#(D#5)  

★(ちゅめてちゅめて)飛hiA#[び]hiC[切]hiD#[り]C[い]A#[が]【サビ】
☆もhiD#[う] ちょとちょとちょとできるの【Bメロ】

※サビやBメロで多く登場。裏声でも良いかもです。


【裏声最高音】hiD#(D#5) 

★きょhiD#裏[と]きょと しちゃうし【Bメロ】


【補足】hiA#hiCを含むフレーズ一覧

★ちゅめて ちゅめhiA#[て]【サビ】 
★いやだ いやだのなhiA#[の]hiC[風] 
★ぴとり ぴとhiA#[りっ]A#[た]

★響くクラップ 奏でメhiA#[ロ]【Aメロ】
★ジャンピングhiA#[で]ピュー【Bメロ】


 まず、ズナアイ[歌手名義Kizuna AI]さんについて腰説明します。キズナアイさんは2016年より活動するバーチャルYouTuberです。Vtuberの草分け的な存在であり、あまり興味の無い方でも名前だけは聴いたことがあるかもしれません。
 キズナアイさんは、Kizuna AI名義で2018年より音楽活動を開始しております。ジャンルとしては、エレクトロポップ、EDMなどにあたり、これまでに様々なアーティストからプロデュースも受けております。また、自身も作詞を行っているようです。
 Kizuna AIさんの人気曲としては、今回取り上げる『AIAIAI』、『future base』、『Sky High』などが列挙されると思います。私自身は、『FL-AI-YER』、『melty world』、同じくバーチャルシンガーである花譜さんとのコラボ曲『ラブしい』なども耳に残りました。

____

 さて、『AIAIAI (feat.中田ヤスタカ)』についてです。この楽曲は、2019年にKizuna AIさんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルで、アルバム『hello, world』に収録されております。
 同曲は、Kizuna AIさんのYouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2021年2月現在、1400万回以上の再生回数を記録しています。また、ダンス動画なども270万回の再生回数に達しました。Kizuna AIさんの代表的な楽曲の1つであります。


 『AIAIAI (feat.中田ヤスタカ)』は明るいエレクトロポップナンバーです。タイトルにもあるように、音楽プロデューサーの中田ヤスタカさんによりプロデュースされた楽曲です。CAPSULEのメンバーとしても活動されている中田さんは、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅさんのプロデュースでも非常に知られております。Kizuna AIさんの作品の中でも、可愛らしさが強調されたナンバーであります(Kizuna AIさんの作品の中では少し異端かもしれません)。




 さて、『AIAIAI (feat.中田ヤスタカ)』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声地声最高音hiD#はサビ等で登場します。登場回数としては多めになります。楽曲の特性を考えると、hiD#は裏声で歌唱しても良いかもしれません。この辺りは、一般的な女性の音域よりも高めですので、場合によってはキーを下げて歌唱してもよいです。

 『AIAIAI』は図に示す程、低音部分がしんどいわけではありません。楽曲全体をとおして、比較的高めの音を中心に歌メロが作られております。そのため、キー調整の融通は意外と利きやすいと思います。やや低音がしんどくなるかもですが、歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。もしキー調整しても難しいと感じた場合は、別の易しめの曲と並行して練習してください。

 『AIAIAI』は全体として高めの音で歌メロが作られております。よって、原曲キーの場合は、意外と持久力も要求されると思います。キー調整する際は、その辺りも留意してください。

 『AIAIAI』は明るいナンバーであり、中田ヤスタカさんらしい中毒曲であり、特にきゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲が好きな方は合いやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする