カテゴリー

『スタースタースタート』(ときのそら)の音域

こんにちは。今回はときのそらさんの『スタースタースタート』(2024)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『スタースタースタート』(ときのそら)
『スタースタースタート』(ときのそら)の音域







【地声最低音】mid2D(D4) 

hiB[二度ともと]にもどらm2D[ない]大!B[爆]!発!【Aメロ】


【地声最高音】hiG#(G#5) ※ラストサビで4回

★いっそうhiD#[光][まし][かhiG#hiG[が]や]く]G#G[一等]星]【ラストサビ[転調₊1]】
★わたhiD#hiF[し[で] hiG#G[ビッ]グ]バン]GF[たい]の]
★このhiG#GD#[とき]の]た][にF[スタート]


【裏声最高音】hihiD(D6) ※全体で2回

★打hiChiDhiE地G裏hihiBhihiD[ち上げて[どこまで[もた[かい[宇宙[まで]【Bメロ】


【補足】hiDhiFを含むフレーズ一覧

hiB[わ]れらの宇宙の[は][ま]りは(パパヤ)【Aメロ】
★はぁ~、これはhiBhiD地[こ[まっ]た]
hiBhiD[明け方の一[ば]ん][は](パパヤ)
★ hiBhiE[これは[じげ]んを]揺る[がす]大![発]!見!
hiBhiDC[てか、こんなの逃すなんてな[げ]か]わしい]【2番Aメロ】
hiF地C[スタ、スタ、スタン]ド]ちゃんとわ[か]ってね!【ラストサビ[転調₊1]】
hiFhiC[愛は地球く]らいに]膨らん[で]こんな[に]なってんぞ

 まず、『スタースタースタート』についてです。この楽曲は、2024年にVTuber・バーチャルアイドルのときのそらさんによりリリースされたミニアルバム『STAR STAR☆T』に収録されております。タイトルにもあるように、『スタースタースタート』はアルバムのリード曲にあたり、ミュージックビデオなども制作・公開されてました。

 さて、『スタースタースタート』はアップテンポのポップ曲です。同曲は作詞作曲編曲をボカロPのナユタン星人さんが務めており、その点でも大きな話題となりました。中毒感のあるメロやコーラスワークが印象的であり、またときのそらさんの高音域が遺憾なく発揮されています。また、ラストサビでは転調がなされ、キーが1つ上がります。原キーでの難易度は高いですが、カラオケなどで歌うと楽しそうです。


 『スタースタースタート』の音域的な特徴についてです。同曲は女性の音域としてはかなり高いレンジで歌メロが作られております。低音域には余地があるため、一般的にはキーを下げた方が歌いやすそうです。
 同曲は全体的に高音寄りの歌メロであり、AメロでもhiB~hiE等の中高音域が見られます。最低音もmid2Dとかなり高く、全体を通して中高音域が頻出する歌メロとなっています。発声については、全体的に地声感がありますが、Bメロについては裏声でhihiB-hihiDなどの高音階が登場し、かなり器用な発声が求められます。

 男性が同曲を歌唱する場合、通常はキーを下げた方が歌いやすそうです。今回の楽曲はかなり音域が高いため、1オクターブ下のレンジ(mid1D~mid2G#(裏声hiD))を歌唱してもよいかもしれません。



 最後に『スタースタースタート』の音域についてですが、【地声最低音】mid2D(D4)~【地声最高音】hiG#(G#5)、【裏声最高音】hihiD(D6)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比べ、かなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2DはAメロや通常サビで登場します。このmid2Dは女性の音域の範囲内です。ただ、mid2Dが最低音となる女性曲は、ほぼ「一般的な女性にとってはキーが高い楽曲」となります。今回の『スタースタースタート』についても明確にこの傾向が当てはまります。

 次に、地声最高音hiG#はラストサビで登場します。登場回数は全体で4回程度です。このhiG#に次ぐ地声高音としては、hiGがピークとなる場面が全体で9回(hiF#が3回、hiFが4回、hiEが13回、hiD#が2回、hiDが14回)登場します。こうした点を考慮すると、女性の音域としてはかなり高く、通常はキーをさ上げた方が歌いやすいといえます。一つの目安ですが、原曲キーから5~6つ程度下げてみてください(これでも一部難しそうな場面がある)。


 『スタースタースタート』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。ただ、今回の楽曲は音域が広く、歌メロが急激に上下する場面もあります。全体的に中高音寄りである点も考慮すると、キー調整を考慮してもそれなりに高音寄りの声域の女性の方がマッチしやすいと思います。
 今回の楽曲はメロの上下が激しく、とりわけBメロは歌メロが急にアップダウンします。、全体的に歌メロが分かりやすいですが、正確な音程のコントロールが必要になるため、そうした点にも注意を払いたいです。歌を担当するときのさんは声楽に明るく、歌唱力に定評があります。音域が合う人には発声なども参考になると思います。

 『スタースタースタート』を原曲キーで歌唱する場合、hiC~hiG#(裏声はhihiDまで)といった中高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。今回は全体を通してhiD以上の音階が頻出し、女性の音域としてはかなり高いです。
 こうした点を考慮すると、「高音域が非常に得意な女性」が原曲キーに合いやすいと私は判断しました。

【まとめ】

①Aメロ~サビまで全体的に中高音に寄った曲(音域も広い)
②原キーだと「高音域が非常に得意な女性」に合いそう
③男性は1オクターブ下で歌える
④メロは分かりやすいが、アップダウンが激しいため正確な音程を心掛けたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 出雲 より:

    upお疲れ様です。
    リクエスト失礼します。
    ゆずさんの「表裏一体」を取り上げてもらいたいです(*_ _)お願いします。

  2. ボンバーハニー より:

    うぽつです
    優里くんのミザリー取り上げて頂きたいです

    • もりっしー より:

      リストアップしておきます
      以前この曲はリクエストがありました
      なるべく早く記事にしたいです