カテゴリー

『愛のことば』( スピッツ )の音域 [1995年の作品]

 こんにちは。今回はスピッツの『愛のことば』(1995)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は久々に自選曲になります。


『愛のことば』(スピッツ)、Ai no Kotoba(Spitz)
『愛のことば』(スピッツ)の音域







【地声最低音】mid1D(D3) 

★(限りある未来を)m1D[し]m1F[ぼ]り取る日々F[か]【Aメロ】
★脱け出そうと誘った きm1F[み]の目にFm1E[う[つ]る][み]F


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※曲全体で9回

★(今 煙の中で)m2G[溶け合]hiA#hiA[いな]がら]【サビ】
m2Gm2F[つ]よく抱き]hiA#hiA[し]め]GF[た][ら]【Cメロ】


【補足】mid2FhiAを含むフレーズ一覧

★m1F[か]ぎりm2E[あ]m2F[る]未来を【Aメロ】
★昔あった国の映画で一度観たm2Fm2E[よう]な]道を行く【Bメロ】

★今 m2FhiAm2G[煙[のな]かで] (溶け合いながら)【サビ】
m2FhiAm2G[探し[つづ]ける] [愛]のこと[ば]

★雲間からm2Fm2GhiA[こ[ぼ[れ落ちてく]【Cメロ】
m2Gm2F[か]みさま達][見え]
m2FhiAm2G[溶け合[いな]がらぁぁ]【ラストサビ】
hiA#裏[uh] hiA裏[uh] hiC裏[uh] hiA#[uh] hiA[uh]m2G裏[uh] uh

※☆はラストサビ終了後のフェイク。歌詞表記に無いので、最高音からは除いてます。

 まず、『愛のことば』(あいのことば)についてです。この楽曲は、1995年に4人組ロックバンド・スピッツによりリリースされたアルバム『ハチミツ』に収録されております。同アルバムには、『ロビンソン』(過去記事)や『涙がキラリ☆』といった大ヒットシングル曲が収録されております。スピッツのオリジナルアルバムとしては最も大きなセールスを記録した作品であります。
 『愛のことば』はアルバム曲ではありますが、ミュージックビデオも制作されており、当初はシングル候補にも挙がっていたそうです。2014年には、テレビドラマ『あすなろ三三七拍子』の主題歌として起用され、配信限定でシングル化されました。そのため、2017年にリリースされたシングルコレクションにも収録されております。ファンの間でも高い人気の作品であります。

 ちなみに、2015年には、アルバム『ハチミツ』1枚分を他のアーティストがカバーするという企画アルバムが発売されました(トリビュートアルバム『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』)。同アルバムでは、赤い公園や、クリープハイプ、10-FEET、ASIAN KUNG-FU GENERATIONといった人気バンドが楽曲をカバーしております。今回取り上げる『愛のことば』については、indigo la Endが担当しました。


 さて、『愛のことば』はミドルテンポのバンドナンバーです。イントロにエレキギターのアルペジオが用いられるなどスピッツらしさもありますが、人気曲と比べるとより暗めの印象を与えます。また、歌詞については、戦争や環境問題といった解釈もされることもあるようで、ミュージックビデオもどことなく不気味さがあります。私自身は、そうしたものも含めた人類愛を謳っているのではないかと感じます。MVは静岡県浜松市にある中田島砂丘(なかだじまさきゅう)で撮影されております。
 同曲は作詞作曲はボーカルの草野正宗さん、編曲はスピッツと笹路正徳さんによりなされております。笹路さんは、コブクロや、プリンセスプリンセス、UNICORN、the brilliant greenなどのアレンジで知られております。2018年には、椎名林檎さんと宮本浩次さんの『獣ゆく細道』(過去記事)のアレンジなども担当されました。

 『愛のことば』の音域的な特徴についてです。同曲は、一般的な男性の音域としては高めのレンジで歌われております。通常は、キーを下げた方が歌いやすいです。また、この楽曲はAメロもmid1Fが多く登場する等、女性には低めです。女性の場合は、通常は少しキーを上げた方が歌いやすいのではないかと思います。


 最後に『愛のことば』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べると高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1DについてはAメロで登場します。ここは男性の音域の範囲内ですが、低音域が苦手な方は少し歌いにくいかもです。また、女性の場合は、歌えなくはないですが、かなり低めになります。女性の場合はキーを上げた方が歌いやすいといえます。

 一方、地声最高音hiA#はサビやCメロで登場します。登場回数は9回とやや多いです。このhiA#はいずれもhiAとコンボになっております。また、hiAもmid2Gとコンボで多く登場するので、男性としては高いです。通常はキーを下げた方が歌いやすいといえます。目安としてですが、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください。


 『愛のことば』は低音域に余地があり、キー下げが可能です。歌い慣れた人であれば、自分の得意なレンジに調整することが可能だと思います。ただ、同曲は、『空も飛べるはず』(過去記事)『チェリー』(過去記事)等の人気曲と比べると、音域が広いです。そのため、大きなキー下げには向きにくいです。歌い慣れていない人の練習曲としては少し使いづらいかもしれません。その点は留意しておいてください。

 『愛のことば』を原曲キーで歌唱する場合、hiA#,hiAといった音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。これらはmid2Gやmid2Fともコンボとなっております。また、全体的にmid2E~mid2G辺りの中高音域の割合も高いです。よって、原曲キーの場合は、「高音域が得意な男性」、「やや低音寄りの女性」などが合いやすいです。

 『愛のことば』はアルバム曲でありながら、今もなお愛される人気曲です。やや暗めの作品でありますが、終盤のロングトーンなどは歌いこなせると気持ちがいいのではないかと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする