カテゴリー

『Overdose』( なとり ) の音域

 こんにちは。今回はなとりの『Overdose』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。最近特に話題の楽曲ですが、音域的には低音寄りですので、一般的な男性が取っ付きやすそうだと感じ、取り上げることにしました。
 なお、今回は主旋律かわかりにくい部分がありました。その場面については、一般的に歌いやすい方を主旋律としております。また、地声最高音mid2Bの登場頻度が多いですので、そこは割愛し、裏声最高音だけを記載しております

『Overdose』(なとり)、Overdose(Natori)
『Overdose』(なとり)の音域







【地声最低音】mid1B(B2) 

★本当は分かっm1D[てい] m1B[いけ]ないことだったって【Aメロ】
m1E[か]たちになって[揺]れるだけ m1B[yeah]
m1Dm1E[は]じいて 描いて] きっと、それだけ

★あとちょっとでm1D[分][り]かけていたの[に]【Bメロ】
★ (水をまとった本心と鏡合わせ)  m1Dm1E[見]つ]め、会E1D#[え[た]ら]

m1E[O]verdose 君とふEm1D[た[り] やるせないED[日[々]【サビ】
★Don’t stop it music,dar[ling]m1D m1B[n]n]nnn

※低音パートを歌唱すると、lowD,lowEが登場する場面がある。


【裏声最高音】mid2E(E4) ※Aメロやサビで登場

★このm2Em2D#[手]を]すり抜ける全部が愛に見えm1E[たの]【Aメロ】
★解像度m1D[のわ]m2E裏m2D[る]い]夢を見たい【サビ】


【補足】mid2Dを含むフレーズ一覧

★つまらないな、m2D裏[正]解の読み合わm1E[せ]【Bメロ】

 まず、『Overdose』(オーヴァードーズ)についてです。この楽曲は、2022年9月に男性シンガーソングライターのなとりさんによりリリースされました。楽曲の発表から、まだ1ヶ月も経過しておりませんが、既にストリーミングランキングなどでも上位にランクインしております。
 なとりさんは、Tik TokやYouTubeのショートで楽曲をアップしておりましたが、YouTubeやストリーミングサービスでは、今回の『Overdose』が初の楽曲発表であります。こうした新星が、瞬く間に大きなうねりを巻き起こすのは、ネットやSNSが発達した現代を象徴しているようにも感じられます。


 『Overdose』の音域的な特徴についてです。同曲は、大よそ一般的な男性の音域の範囲内で歌メロが作られております。ただ、「範囲内」といっても、既存のJ-POP男性曲と比べるとかなり低いです。音域的な側面で行くと、一般的な男性でもチャレンジしやすいといえます。とはいえ、声の使い方や抑揚などを考えると、しっかりとした努力や基礎が求められますので、その点は留意しておいてください。

 同曲のもう一つ特徴的な点は、mid2E,mid2Dといった比較的低いレンジで「裏声」が使われている点です。ある程度高音域が得意な人などは、逆にこのレンジで裏声を使うのは大変かもしれません。
 ちなみに、同曲は、低音域が多い楽曲ですので、女性が原曲キーで歌うのは極めて困難です。女性の場合は、1オクターブ上を歌唱するというのもよいのではないかと思います(私なりの感覚では、「キーを少し下げて、オク上げで歌う」とより合いそうだと感じます)。



 最後に『Overdose』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【裏声最高音】mid2E(E4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内(J-POP男性曲としては低め)です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1BはAメロで登場します。私なりの印象ですが、低音域が苦手な方は、この最低音mid1Bにはあまりこだわりすぎなくてもよいと感じました。一つの目安ですが、mid1D辺りまでをしっかり歌えるとある程度形になりやすそうです。
 同曲は低音域の頻度が高い楽曲です。そのため、高音域が得意な男性等は、もしかしたら逆に歌いにくく感じられるかもしれません。場合によっては、キーを上げることも選択肢に入れてもよいと思います。

 次に、裏声最高音mid2EはAメロやサビで登場します。このmid2E辺りは、男性の音域の範囲内ですが、慣れてない場合は、スムーズな発声が損なわれやすいです。ただ、比較的取っ付きやすい音階ですので、少しずつ練習を重ねてください。
 先述のように、同曲は「裏声」がmid2E,mid2D辺りで使われているため、人によってはその辺りが歌いにくいです。そのため、難しい人は無理に「裏声」にこだわる必要はないと思います。柔らかい地声などで歌う等工夫してください。

 『Overdose』は歌唱レンジなどを考えると、標準的な男性でも取っ付きやすいといえます。ただ、「慣れていない人が楽々歌える」というわけではなく、質の高い歌唱をするためには力量が問われます。声域的にはチャレンジしやすいですので、少しずつ歌い慣れていってください。私なりの印象ですが、同曲は「低音域に慣れる」のによい曲だと感じました。
 ちなみに、この『Overdose』と近似するレンジの曲としては、中田ヤスタカさんが制作、米津玄師さんが歌唱した『『NANIMONO (feat. 米津玄師)』』(過去記事)という楽曲を私は思い出しました。同曲は裏声などは用いられておりませんが、興味を持たれた方は、こちらの曲もチェックしてみるとよいと思います。


 『Overdose』はしっかり歌いこなせるには力が求められますが、音域的には一般的な男性でも取っ付きやすい楽曲です。低音域の練習にもおススメです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする