カテゴリー

『大迷惑』(UNICORN[ユニコーン] ) の音域

こんにちは。今回はUNICORNの『大迷惑』(1991)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログでUNICORNの楽曲を取り上げるのは今回が初となります。


『大迷惑』(ユニコーン)、Daimeiwaku(Unicorn)
『大迷惑』(ユニコーン)の音域







【地声最低音】mid1F#(F#3) 

※【補足】をご参照ください。


【地声最高音】hiA#(A#4) ※ラストで1回

m2D#m2F#hiA#[お金なんかは[ちょっとでいいの[だ]【ラスト】


【補足】mid2D#(一部略)mid2F#を含むフレーズ一覧

m1F#m2F#F[ま[ちの]はず]れで シュヴィドゥヴァー さりげ[な]【Aメロ】
m2F[夢にまで]見た[マイホ]ーム m2A#m1G#[青[ぉ]い]m1F#[ら]
★とm2E[つ]m1G#[ん]E[の]び[寄]る 怪しm1F#[い]係長【Bメロ】
m2D#[年]2ヶ[月]の過酷な一人[たm2F[び]

m2D#[この悲しみをど]うすりゃいいの 誰が僕をす[くってくれ]るの【サビ】
★町の灯潤んで揺m2D#[れ]る 涙涙の[ものがた]

m2D#[町の灯潤]んで揺れる 涙涙の[ものが][りm2F#[か]【2番サビ】
★帰りたい 帰れない m2D#m2F#[二度と出られぬ[蟻地獄]

 まず、『大迷惑』についてです。この楽曲は、1989年にロックバンドUNICORN(ユニコーン)によりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては同じ年に発売された『服部』(はっとり)に初収録されました。同アルバムは、『大迷惑』、『デーゲーム』といったシングルが収録されており、累計27万枚を超える売上枚数を記録しました。また、ファンにとっても高い人気のアルバムとなっております。
 ちなみに、マカロニえんぴつのボーカル&ギターはっとりさんは、同アルバム『服部』から芸名を取ったそうです。


 さて、『大迷惑』はバンドにとっては1枚目のシングルとなります(UNICORNはシングル以前に2枚のアルバムをリリースいる)。売上は11万枚程度で、カラオケランキングでは上位に位置する等、バンドでも人気の高いシングルです。UNICORNの代表的なシングル曲の1つだと思います。

 『大迷惑』はアッパーなロック曲です。ただ、疾走感のあるロックでありながら、オーケストラが大胆に導入されており、その点はミュージックビデオにも反映されております。歌メロはAメロBメロサビと展開しますが、2番以降はBメロ⇒サビ⇒ラストサビとなり、全体的にコンパクトです。演奏時間も3分半程度と当時としては短い方になります。
 同曲は歌詞が特徴的でもあり、「結婚してマイホームを購入したばかりの主人公が、上司に3年2か月の単身赴任を命じられる」というものです。曲中ではそうした男女が引き裂かれる様子を「ロミオとジュリエット」と「カンイチ、オミヤ(尾崎紅葉の『金色夜叉』より)」と比喩しております。こうした人事は日本の企業ではよくあり、共感できる人も多そうです。

 同曲の作詞作曲はボーカル&ギターの奥田民生さん、編曲はUNICORNと笹路正徳さんによりなされました。笹路正徳さんはSHOW-YAやプリンセス・プリンセス、スピッツなどのアレンジにも携わっております。


 『大迷惑』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、男性の音域としてはやや高いレンジで歌メロが作られております。一般的には少しキーを下げた方が歌いやすいのではないかと私は想定しました。
 同曲は、全体的にmid2D#~mid2F#といった中高音域が頻出し、見た目よりも高音感があります。そのため、標準的な音域の男性だとスタミナに注意が必要です。逆に高音域がある程度得意な人は楽しく歌えるレンジです。
 ちなみに、同曲は理論上は女性が原曲キーで歌唱することも可能です。ただ、女性の得意な声域を考えると、通常は少しキーを上げた方が良いのではないかと私は判断しております。



 最後に『大迷惑』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、やや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1F#はAメロやBメロで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内です。また、mid1F#は女性にとっても歌唱可能なレンジですが、音域としては低めになります。そのため、女性の場合は、通常は少しキーを上げた方が歌いやすいのではないかと想像されます。一つの目安ですが、原曲キーから3~4つ程度上げてみてください(#3~4)。

 次に、地声最高音hiA#はラストで登場します。このhiA#辺りは男性の音域としては高めですが、登場回数は1回程度で少ないです。ただ、同曲は曲全体を通してmid2D#~mid2F#辺りが頻出します。そのため、一般的には高音感があり、体力的に辛くなりやすいです。よって、通常は少しキーを下げた方が歌いやすいのではないかと私は推測しております。一つの目安ですが、原曲キーから1~2つ程度下げてみてください。


 『大迷惑』は低音域に余地があり、キー下げはしやすいです。同曲は、ラストを除くとほぼ1オクターブのメロで作られております。そのため、キー調整の融通は利きやすく、練習曲としても悪くないと私自身は分析しました。メロのテンポが若干速いかもですが、キー調整をすればビギナーにもアプローチしやすいと個人的には感じております。当然ですが、原曲のような表現をするためには歌い慣れておく必要があります。その点は留意しておいてください。
 私なりの印象なのですが、90年代~2000年代前半頃のJ-POPは、最近のJ-POPと比べるとメロにゆとりがあり、リズムなども取りやすい印象です。00年代中頃からラップ系がジャンルを問わず広がり始め、またボカロ曲などの影響もあり、メロの歌い回しが少しずつ速くなっていったと私は認識しております。


 『大迷惑』を原曲キーで歌唱する場合、高音域についてはmid2D#~hiA#辺りをしっかり歌いこなせる力が求められます。同曲は全体として高音寄りであり、中高音域の頻度が高いです。そのため、「標準よりやや高め~ある程度高音域が得意な男性」等が原曲キーにマッチしやすいと私は判断しました。「標準的な音域の男性」も原曲キーで歌えなくはないと思いますが、もしかしたら体力的に辛くなりやすいかもしれないと推測しております。

 『大迷惑』はアッパーなバンド曲であり、演奏時間も長くなく、カラオケでも歌いやすいと思います。また、個人的には歌詞も非常に面白いと感じました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. くそがき より:

    うわ〜大迷惑の音域めっちゃありがたいです!!
    この曲歌い始め難しくて困ってたんですよね〜

    • もりっしー より:

      ありがとうございます。
      人気曲のはずですが、
      詳細に分析してるサイトが無かったですね。
      記事にできてよかったです。

  2. 名無し より:

    リクエストさせていただいた者です。紹介してくださりありがとうございます!!
    確かにユニコーンは中高音域が連発する曲が多い印象ですね。「I’M LOSER」「与える男」あたりが歌っててしんどいかなぁと思いました

    • もりっしー より:

      こちらこそありがとうございます。
      ユニコーンはしっかり調査したことが無かったのです。
      民生さんはソロだと結構高い曲もありますよね。
      あと、カバーでも奥田民生さんはかなり高い声まで出てたのです。
      なのでバンドでも意外と高いのではないかと推測してました。