こんにちは。今回はELLEGARDENの『ロストワールド』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、この楽曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『ロストワールド』(ELLEGARDEN)、Lost World


『ロストワールド』(ELLEGARDEN)










【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★ただそれだけで 僕はm1G#[笑]う(Aメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※楽曲全体で8回

hiA[き]m2E[み]の手に 上手く馴染むもの(Aメロ)


【補足】mid2E~mid2Fの注意箇所

m2E[いら]m2F[い]E[もの] m2E[重]F[い]E[もの] (Bメロ)
★君m2E[だけ]が足をm1G#[止]めた そういうこ1G#[と]

★One day m2E[I] saw You hit m1G#[the] ground
m2E[そ]ういうことさ(楽曲の終盤)





 まず、ELLEGARDENというバンドについて少し説明します。ELLEGARDENは1998年に結成された日本の4人組バンドです。ジャンルとしてはパンクロック、エモーショナルハードコアなどに属します。そうした背景もあり、1曲あたりの演奏時間が非常に短く、3分程度で終わる楽曲がほとんどを占めております。2008年に活動休止を発表しましたが、2018年に10年ぶりに活動再開を表明し、話題を呼びました。

 さて、『ロストワールド』についてです。この楽曲は、2004年にELLEGARDENによりリリースされたアルバム『Pepperoni Quattro』(ペパロニ・クアットロ)に収録されているナンバーです。10曲中8曲目に収録された疾走感あふれるギターロックです。
 先にも述べましたように、ELLEGARDENはパンク色が強く、演奏時間が短い作品が多く見られます。この『ロストワールド』についても、演奏時間が3分17秒程度と非常にタイトに仕上がっております。

 歌メロディーについては、Aメロサビというよりも、洋楽にあるようなヴァースとコーラスのような形に近いと思います。明確にサビというものを定義しにくいですが、敢えて言うならばBメロがサビに近いのではないかと思います。洋楽ロックなどをよく聴いている人には非常に馴染みやすいかもしれません。
 
 『ロストワールド』の音域的な概要について述べます。『ロストワールド』は図にも示しますように1オクターブと少しの音域で歌メロディーが作られております。音域自体はあまり広くありません。hiAなどが登場するため、決して原曲キーが低いわけではありませんが、キーを下げて歌唱するということにも非常に適しています。 



 ☆最後に、『ロストワールド』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3) ~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてですが、楽曲の冒頭にいきなり登場します。こういう冒頭からいきなり美味しい部分が登場するのが非常に洋楽っぽい展開だと私は感じます。難しい音階はこの場面がメインなのですが、楽曲全体で8回も登場します。
 このhiAについては、一般的な男性の音域よりも高いです。ただ、1フレーズに1回ですので、頑張って声を張り発声してみても良いかもしれません。声を強く張ると意外と高い声が出るものです。カラオケなどで試してみてください。
 『ロストワールド』は一般的には少しキーが高いですので、原曲キーから2つ程度下げて歌唱すると歌いやすいと思います。ただ、先にも述べましたように、難しい局面はhiAの場面【hiA[き]m2E[み]の手に 上手く馴染むもの】が中心になりますので、原曲キーで頑張ってみるのもよいと個人的には思います。当然ある程度歌い慣れている必要があり、普段歌い慣れていない人はキーを下げるなどして練習しておいてください。
 
 『ロストワールド』は疾走感あふれるギターロックですので、カラオケなどでも歌いやすいと思います。音域も広くないのでキー調整なども行いやすいです。ぜひチャレンジしてみてください。