こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Rowan』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 なお、『Rowan』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、動画の添付は行いません。ご了承ください。


『Rowan』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid1G(G3)  

m1F#[お]m2F#[もい出に]縋りついて


【地声最高音】hiB(B4)  ※2番で1回

★誰もm2F#[知]m2G[ら]hiA[な]hiB地[ぁ]A[ぁ]ぁぃ


【裏声最高音】hiD(D5) ※1番Bメロで1回

m1F#[い][まhiA地[で]hiD裏[ぼ]hiC#[く]hiA[だけ]hiB[が]立ち止まって




【補足】mid2F#hiAの注意箇所

m2F#[埃か]ぶってしまっ[た](Aメロ)
m1F#[見]m2F#[上]hiA地[げ][た]空の狭さに[も]慣れた(Bメロ)

★分hiA裏[かりあっ]てるつもりになって(サビ)
hiA[だけどぼ]くら何処へも行m2F#[け]なくて

★苦m2F#[い]m2G[ち]hiA地[か]G[ぁ][ぁ]ぁぁぃ [消え]ないまま
m2F#[要ら]m2G[な]hiA裏[かっ]たはずなのに


『Rowan』(Official髭男dism)









 まず、『Rowan』(ローワン)についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『Traveler』に収録されているナンバーです。シングル曲やリード曲ではありません。
 ちなみに『Rowan』とはバラ科の木で、セイヨウナナカマドとも呼ばれています。花言葉には「私はあなたを見守る」ともあり、失恋を乗り越えられずにいる歌詞内容に少しリンクしているように感じます。

 この『Rowan』についてですが、作詞作曲をギタリストの小笹大輔さんが担当している点です。ヒゲダンの作品は基本的にはフロントマンの藤原聡さんが担当することが多いです。また、編曲もヒゲダンではなく、ヒップホップユニット・キエるマキュウのILLICIT TSUBOIさんが担当しています。これらを考えると、シングル曲とは全く異なる趣向で楽曲が制作されていることが分かります。個人的には非常にハマった一曲です。

 『Rowan』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、アルバム曲ということもあり、ヒゲダンに特徴的な高音が連発されるような明るい曲ではありません。地声では楽曲の1か所でhiBが登場するような作品で、全体として落ち着いた印象の作品です。ヒゲダン作品の中では比較的歌いやすいのではないかと思います。ただ、カラオケなどで盛り上がる類の曲では無いと、個人的には考えております。


 さて、『Rowan』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音のhiBですが、2番に1回登場します。また、同じような場面でhiAも多く登場します。hiB,hiAは一般的な男性の音域よりも少し高めの音階になります。ただ、落ち着いた楽曲の特徴を考えると、裏声で対処してもあまり違和感は無いのではないかと私は考えております。この辺りのキーが苦手な方は裏声で歌唱しても良いです。

 一方で、mid2F#,mid2Gといった一般的な男性の音階も多く登場します。この辺りの音階は確実に地声で発声できるようにしたいところです。ただ、楽曲の雰囲気を考えるとあまり声を張り上げすぎるのは良くないように思われます。キーが高いと感じられる方は、裏声気味に歌うか、キーを下げても良いかもしれません。

 『Rowan』はヒゲダン作品の中では比較的歌いやすい部類なのではないかと思います。普段歌い慣れない人はキーを大きく下げて練習しても良いと思います。一方で、落ち着いた楽曲の雰囲気はカラオケなどで盛り上がる作品とは言えないと思います。ただ、個人的には非常に良い作品だと感じましたので、この作品が好きだという人が増えてほしいとも感じております。