こんにちは。今回はMr.Childrenの『fantasy』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『fantasy』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。替わりの動画として、田中太郎さんによるギターのカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルのニュアンスがフル尺で確認できます。


『fantasy』(Mr.Children)


【地声最低音】mid1C(C3)  

m1C[と]なりの人に気づかm2F[れ]F[よう]に 
★僕らだけの言葉でm1C[は]なそう


【地声最高音】hiC(C5)  ※各サビで登場

★じm2F[し]m2G[んを]hiA#[に]hiC地[く]hiA[を]


【裏声最高音】hiC(C5) ※サビで登場

hiA[み]hiC[ちづ]hiA#[れ]m2G[さぁ]m2F[た]び立とう
hiA[にち]hiC[じょうの]hiA#[な]A[の]m2G[fan-]m2F[-ta-]-syへと(ラストサビ)




【補足】mid2F~hiA辺りの注意箇所

★ゴミ箱に投げ捨m2G[て]たfantasym2F[を] 
★各駅電車hiA[を] ジェッm2F[ト]m2G[コース]F[ターに]
★[不可能 ]のないたF[び]

★誰もm2F[が]孤独じゃm2G[なく] F[れ]G[もが]不幸じゃF[なく](サビ)
★誰もが今もより良く進m2G[化し]m2F[る]


『fantasy』(Mr.Children)









 まず、『fantasy』(ファンタジー)についてです。この楽曲は、2015年に4人組ロックバンドMr.Childrenによりリリースされたアルバム『REFLECTION』に収録されているナンバーです。タイアップとして、BMWのCMソングに起用されました。

 『fantasy』はミディアムテンポの切ないナンバーです。元々、ライブの1曲目に披露することを想定されていた楽曲だそうで、リード曲やシングル曲と比べても遜色のないような馴染みやすい楽曲なのではないかと思います。歌詞については、タイトルにある「ファンタジー」というよりも現実の不条理さや、生き辛さなどが表現されております。その対比として、サビでは「多くの人が考える普遍的な願い」が「ファンタジー」として表現されています。こうした点は非常にミスチルっぽい表現だと感じました。

 『fantasy』の音域的な特徴についてです。図にも示すように、広めの音域で歌メロディーが構成されております。キーの調整は行いにくく、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲と言えます。




 さて、『fantasy』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCはサビで登場します。私なりのイメージですが、このhiCは比較的出しやすいのではないかと考えています。また、ニュアンスは少し変化してしましますが、高音域が苦手な方は裏声でも良いと思います。この地声hiCを裏声で対応すると仮定すると、大体hiA#くらいまでは安定的に歌える必要があります。サビの【ひhiA#[に]hiC地[く]hiA[を]】のhiA#の部分は出来れば地声で表現したいです。

 一般的な男性の場合、原曲キーでは少し歌いにくいのではないかと思います。原曲キーから2~3程度下げると歌いやすくなるのではないかと思います。ただ、先にも述べましたが、『fantasy』は音域が広めの楽曲です。キーを下げ過ぎると、今度は逆に低音部分が辛くなってしまいます。その辺のバランスが難しい楽曲でもあります。

 『fantasy』は音域が広めの楽曲です。キーの調整は少しならば可能ですが、大きなキー調整には向きません。その点で少し融通が利きにくいです。普段歌い慣れていない人の場合、別の歌いやすい曲で練習した上でこの楽曲にチャレンジするのも選択肢としてありえます。