こんにちは。今回はaikoさんの『桜の時』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は桜の季節ということもあり、自選曲です。


『桜の時』(aiko)、Sakura no Toki


【地声最低音】mid1G(G3)  

m1G[す]べて報われた気がm2G#[す]hiA[る]hiB[よ][ぉ](Aメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで多く登場します

★降っm2G#[て]hiC#[く]hiB[る]G#[あ]めがめいG#[わ]くで

★優しm2G#[くつないで まっす]hiC#[ぐ]hiB[ま]G#[え]を見て(サビ)
m2G#[どんな困難だ]hiB[ぁ]hiC#[ぁっ]
★たいした事ナイって 言hiC#[え]hiB[る]m2G#[よう]


【裏声最高音】hiE(E5) ※各サビで登場

★しm2G#[あ][せ][キ][を す]hiB[る]hiC#[の]hiE裏[が]




【補足】mid2G#hiB辺りの注意箇所

★ 間違いじゃないとは言いm2G[切]れない(Aメロ)
★ あm2G#[り]hiA[がと]G#[う]
★はm2G#[る][来][とこ][川]hiA[辺]G#[は]桜が(Bメロ)
★あなたは言う あたしはうm2G#[な]hiA[ず]hiB[く]

m2G#[み][て][つ][い][ぇ](サビ)

『桜の時』(aiko)









 まず、『桜の時』についてです。この楽曲は、2000年にシンガーソングライターのaikoさんによりリリースされたシングル作品です。ちょうど20年前の楽曲です。アルバム『桜の木の下』や、ベストアルバムにも収録されております。カルピスウォーターのCM曲としてのタイアップが付きました。

 さて、『桜の時』はミディアムテンポのポップなナンバーです。「桜」をテーマにしていますが、「別れ・旅立ち」といったテーマではなく、「あなたと巡っていく季節」として桜が描かれています。桜についてはこういう描かれ方も多いような気がします。
 歌メロについては、AメロBメロサビという形に近いのですが、Aメロ(タイプ2)のようなものが挿入されており、少し趣向を凝らしているように感じます。私自身知識がつたないため、上手く言語化できないのですが、ポップな楽曲でありながら、全体として音程を取り辛いのではないかとも感じました。




 さて、『桜の時』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。大よそ一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#ですが、サビを中心に登場します。この辺りの音階は女性の音域の範囲内ですが、登場回数が多いため、歌い慣れた人でもしんどいのではないかと思います。場合によっては、キーを下げることも考えてみてください。

 上述していますが、『桜の時』ではmid2G#という音階が多く登場します。mid2G#は女性の音域で言えば決して高いキーではありませんが、この辺りをしっかりに歌いこなせると、歌唱が安定してきます。このmid2G#辺りに注目して歌いこなせているかどうかを確認してみても良いと思います。

 『桜の時』は音域的にはやや広めで、キーを下げる余地は少ないです。地声最高音はそこまで高くないですので、歌い慣れていない人向けにもある程度のキー調整は可能であります。

 『桜の時』はポップな楽曲であり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。