スポンサーリンク
カテゴリー

『恋のスーパーボール』(aiko)の音域

 こんにちは。今回はaikoさんの『恋のスーパーボール』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『恋のスーパーボール』(aiko)、Koi no Super Ball
『恋のスーパーボール』(aiko)










【地声最低音】mid1E(E3) 

★眠る 眠る 眠る 眠って忘m1E[た]いの 昨日のこと(Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で1か所

★ふたhiA[りで]迷いたいのhiC#[今]hiB[夜を]hiC#[あ]hiD地[げ]C#[る]B[ぅ]

※ラストサビ前。

【裏声最高音】hiE(E5) ※各サビで1回ずつ

★はhiA[なれな]A[て]hiD[ま]hiE裏[っ]hiB[た]hiC#[ぁ]


【補足】hiAhiD辺りの注意点

hiA[日]焼け止めをきれA[い]hiB[に]A[あ]hiC#[ら]hiD[い]A[れ]ずに(Bメロ)
★夜中にうhiA[で]hiB[が]A[ぁ]hiC#[な]B[つの]C#[に]B[おい]

hiA[す]こし篭ったA[ね]つが更に あたしの気持ち(サビ)
★まぶhiA[たも]A[めも]A[み]A[し]hiB[た]A[も]



 まず、『恋のスーパーボール』についてです。この楽曲は、2011年に女性シンガーソングライターのaikoさんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『時のシルエット』やベストアルバムにも収録されております。同曲は、清涼飲料水のカルピスウォーターのCMソングとしてタイアップが付きました。

 『恋のスーパーボール』はミディアムテンポのダンサブルなポップナンバーです。イントロやBメロサビで登場するストリングスが非常に印象的です。歌メロはAメロBメロサビといった形で作られておりますが、サビよりもBメロの方が地声キーが高いのではないかと思います。
 同曲は、歌詞の中に「スーパーボール」は登場しません。ただ歌詞内容を考えると、夜の交わりの比喩なのではないかと私は解釈しています。そうした歌詞が、aikoさんの表現やポップなアレンジで巧みに融合されております。

 『恋のスーパーボール』の音域的な特徴についてです。音域は広めであり、キーの調整は行いにくいです。その点で、歌い慣れていない人にはハードルになる部分もあります。
 ただ、同曲は図で示すほど高音部分が高くありません。難しい部分もありますが、歌い慣れた人であれば、とっつきやすいのではないかと思います。



 さて、『恋のスーパーボール』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりやや高いです。以下、見ていいきます。

 まず、地声最高音hiDはラストのサビ直前で1回だけ登場します。この場面は、やや裏声気味にも聞こえます。場合によっては裏声で表現しても良いと思います。私なりのイメージですが、hiC#辺りも裏声でも良いのではないかと考えております。キーが高いと感じられた方は少し下げても良いと思います。 
 同曲は、図では最高音hiDになっています。サビは地声hiA,hiBが中心であり、見た目ほど高くないです。その点で、取っつきやすい部分があるのではないかと考えております。


 『恋のスーパーボール』は音域が広めであり、キー調整の融通は利きにくいです。歌い慣れた人などが少し調整することは可能だと思います。逆に歌い慣れていない人はスムーズにいかない部分が出てくるかもしれません。キーを調整しても難しいと感じられる場合は、別の曲と並行して練習すると良いと思います。
 私なりのイメージですが、ある程度高音域が安定して出て、歌が得意な方ならば手を付けやすいのではないかと思います
 





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする