こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『恋の前ならえ』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『恋の前ならえ』(Official髭男dism)、Koi no Mae Narae


【地声最低音】mid1F(F3)  

★重なった一つあm1F[し]おと(Aメロ)
★ルール違反の笑顔意味もなく行進m1F[し]ぃよF[う]


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビおよびBメロ

★明日に向かっm2G[て]hiA[小]hiA#[さく]A[前][な][え]G[して](サビ)
★ふm2G[た]hiA[りの][げ嬉]hiA#[し]A[そ]G[うさ](Bメロ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※各サビで1回ずつ登場

hiD裏[そうし]hiC[た]いんだ




【補足】mid2GhiAの注意箇所

★小m2G[さ]hiA[手](サビ)
★離G[さ]m2G#[いで]G[ど]G#[まで]G[も]行こう

★熱くなったアスm2G[ファル]ト(Aメロ)
★2人きりのパレードひっついてhiA[あ]m2G[る][う]
★憂い悩m2G[み]hiA[じ]めたら(Bメロ) 
★余hiA[計によ]m2G[そ]見は[ダ]A[メ]
m2G#[ワン、ツー、スリー]m2G[で]

★抱きm2G[し]hiA[てっ][て]A[るい]G[て]行こ[おぉぉ]ぉ(1番サビ)

『恋の前ならえ』(Official髭男dism)









 まず、『恋の前ならえ』についてです。この楽曲は、2015年に4人組ロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたミニアルバム『ラブとピースは君の中』に収録されています。同アルバムに収録されている愛なんだが・・・SWEET TWEETととともにMVが公開されました。MVは2020年現在、237万回の再生回数を記録しています。

 『恋の前ならえ』は初期のヒゲダンらしい爽やかなピアノ・ロックです。冒頭にサビが来て、AメロBメロサビが2回繰り返される構成になっております。シングル曲などと比べて、ラストのサビが1回少なくなっております。その分、演奏時間が3分半と短く、コンパクトにまとまっております。個人的には楽曲そのものもですが、タイトル『恋の前ならえ』とあるように歌詞内容が非常に個性的に感じました。

 『恋の前ならえ』の音域的な特徴についてですが、ヒゲダン作品の中では比較的キーが低めであります。当ブログでこれまで取り上げた作品(Official髭男dismの楽曲音域(声域)一覧 )を見ていただければわかりますが、hiA#以下が最高音の作品は少なめです。一般的にはかなり高いキーですが、「ヒゲダン作品を歌いたいけど、難しい」と考えた場合、選択肢の一つに入ると思います。



 さて、『恋の前ならえ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#はサビやBメロで登場します。この他、楽曲の全体でhiAという音階が登場します。こうしたことから、一般的な男性にとっては高めの音域で歌メロディーが展開されていきます。ゆえに、キーを下げて歌唱することも選択肢に入れておいてください。例えば、原曲キーから2~3程度下げて、最高音をmid2G(#)あたりに設定するのが一つの目安になるのではないかと思います。音域の広さには個人差がありますので、場合によってはもう少し下げても良いです。

 『恋の前ならえ』は地声部分に関してはそこまで音域は広くありません。よって、キーの調整も行いやすいといえます。普段歌いなれていない人が自分が歌いやすいキーにまで下げて練習したりすることも可能であると思います。その点では、融通が利きやすいです。
 一方で、同曲は、サビ部分に裏声を使ったフレーズが登場しますので、歌い慣れていない人はその場面で少し苦戦するかもしれません。そこを除けば、比較的手を付けやすいのではないかと思います。

 ちなみに、『恋の前ならえ』は女性が歌唱しても歌いやすいのではないかと思います。原曲キーも歌えないことはないと思いますが、一般的にはもう少しキーを上げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。