こんにちは。今回はスピラ・スピカの『イヤヨイヤヨモスキノウチ!』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『イヤヨイヤヨモスキノウチ!』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、MVとともに、代わりの動画として、XXWEIWEI'S DRUM COVERさんのドラムカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカル幹葉さんの表現がフル尺で確認できます。


『イヤヨイヤヨモスキノウチ!』(スピラ・スピカ)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★また今日も突きm1G#[は]なして あぁ…


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※サビ中心で登場

hiA#~m2G#[メダ]hiD#[メ]G#[だよ](サビ後半)
hiA#[す][お]hiD#[な]hiC[れ]A#[な]C[い]
hiD#[恥]hiC[ずかしい]hiA#[気]A#[ち]C[に]
hiD#[勝]hiC[つ]D#[ため]C[の]hiA#[う]りゃ[く]hiD[ほ]C[う]
hiB[ぼ]hiA#[く][は]B[ま]hiD#[だ]hiC#[分]A#[か]らないんA#[だ]

hiB[優しさ] hiA[楽しさ] 愛しhiD#[さ](2番)

※☆サビの途中で転調。サビ冒頭【イヤイヤ~】よりもキーが1つ上がる




【補足】hiAhiDの注意箇所

★つもりはないのにってm2G#[こ]hiA[と]G#[が]多すぎるなぁ(Aメロ)
hiA#[ちょっ]m2G#[と]A#[お]G#[か]しくて

★こhiA#[ん]m2G[な]にもA#[僕]G#[を]A#[ず]hiB[っと](Bメロ)
hiB[大切]hiA[に見て]m2G#[くれ]A#[て]いるから m2G[伝]えG[た]いよ

hiA[イヤイ]hiD[ヤ]G[よも](サビ冒頭)

★カhiA[ッ]hiD[コ]hiC#[を]A[つけ]hiB[る]C#[た]D[め]C#[だ]B[け]A[ぇの](Cメロ)
★鎧hiA[は いら]hiC#[ない]

★「本hiA[当][だ]A[す]hiB[き]hiC#[だ」って](アウトロ)
★hiA[大]hiC#[きな]hiB[こ][えで]A[けべ]A[ら]B[な]

『イヤヨイヤヨモスキノウチ!』(スピラ・スピカ)









 まず、スピラ・スピカについて少し説明します。スピラ・スピカは2013年に結成、2018年にメジャーデビューした3人組のロックバンドです。インディーズ時代はスノーマンというバンド名で活動しておりました。ジャンルとしては、ポップロックなどに分類されると思います。これまでに、ガンダムシリーズなどアニメでのタイアップも多く、これらのファンの方には特によく知っているかもしれません。まだ、デビュー間もないですが、益々の活躍が期待されます。

___
 さて、『イヤヨイヤヨモスキノウチ!』についてです。この楽曲は、2019年にスピラ・スピカによりリリースされたシングル作品です。先月(2020年3月)に発売されたアルバムの『ポップ・ステップ・ジャンプ!』にも収録されています。
 この楽曲は、テレビアニメ『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』のオープニングテーマ曲としてタイアップが付きました。アニメを見ていた方にはお馴染みの楽曲だと思います。

 『イヤヨイヤヨモスキノウチ!』はデジタルサウンドが非常に目立つアップテンポの楽曲で、私の中のラブコメアニメの主題歌っぽさを感じました。私の中にある一般的なバンド曲のイメージとは異なり、転調も多く、凝った造りになっています。スピラ・スピカの他の楽曲もいくつか視聴してみたのですが、この楽曲のようなテイストの作品は見られませんでした。もしかしたらバンドの中で新しい試みなのかもしれません。

 歌メロについてはAメロBメロサビという馴染みやすい形になっております。この楽曲は、サビの途中で転調が行われ、キーが1つ上がります。「ラストのサビだけ転調する」「Bメロからサビにかけて転調する」という形とは違い、その点が独特です(同曲はBメロからサビにかけても転調しています)。

 音域的には、サビを中心にキーが高いです。低音部分に少し余裕がありますので、キーを下げるのもアリだと思います。ただ、歌い慣れていない人にはサビが少ししんどいかもしれません。





 さて、『イヤヨイヤヨモスキノウチ!』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3) ~【地声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#はサビで登場します。この楽曲は、サビの途中で転調しますので、サビの冒頭ではhiDが最高音になりますが、サビの途中からhiD#が最高音に変わります。上述しておりますが、hiD#の場面が多く登場し、周囲の音階も高めですので、見た目以上に難易度が高めです。「hiD#辺りなら出せる」という人でもサビの後半で持久力が要求されると思います。

 hiD#は女性の音域から見ると、やや高いですので、キーを下げても良いと思います。原曲キーから2~3つ程度下げて、hiC(#)辺りに設定すると、比較的歌いやすくなると思います。ただ、キーを下げたとしても高めの音階が連続しますので、ある程度持久力は要求されると思います。

 『イヤヨイヤヨモスキノウチ!』は音域全体でみると、高音部分に寄っており、低音部分に少し余裕がありますので、ある程度のキー調整は可能です。ただ、下げ過ぎると低音部分が辛くなるかもしれません。「キー調整は可能ではあるが、大きな調整は難しい」といったところです。キーを下げた上で練習曲として使用することも可能だと思いますが、探せばもっと歌いやすい楽曲があるのではないかと私は考えております。
 この楽曲を練習してみて、上手くいかないこともあるかもしれません。その場合は、別の曲で練習した上で、再チャレンジするのもアリだと思います。

 『イヤヨイヤヨモスキノウチ!』はアップテンポのポップな作品でカラオケなどでも歌いやすいと思います。