こんにちは。今回はヨルシカの『花に亡霊』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『花に亡霊』(ヨルシカ),Hana ni Bourei(Yorushika) 

『花に亡霊』(ヨルシカ)










【地声最低音】mid2B(B3)  

m2B[な]つの木陰に座ったまm2G#[ま]ぁ(Aメロ)
m2B[ア]イスを口に放りm2G#[込んで]風を[待っ]ていた(Bメロ)
m2B[か]hiB[たちに残]m2G#[るもの]が全て[じゃ] ないように

※AメロBメロサビと楽曲全体を通して登場します


【地声最高音】hiC#(C#5)  

★じかm2G#[ん]hiA[じゃ]G#[なく]てここhiC#地[ろ]hiB[を](ラストサビ)

※曲全体で1回だけ。ここを除くと、hiBが最高音です


【補足】mid2G#hiC#辺りの注意箇所

m2G#[もう忘れてし]hiA[まっ]G#[た]かな
★忘m2G#[れ]hiA[ない]G#[よ]うに

★ことm2G#[ば]hiA[を]G#[もっ]と教えhiB[て](サビ)
★眼m2G#[に]hiA[う]G#[つっ]たのは夏m2B[の]亡霊だ
★汗m2G#[を]hiA[ぬ]hiB[ぐっ]G#[てな]つめく

☆浅い呼吸をする hiC#[lu] hiB[lu]m2G#[lu] lu lu lu

※☆のlu lu lu…は歌詞表記されていません。



 まず、『花に亡霊』についてです。この楽曲は、2020年にヨルシカによりリリースされたシングル作品です。今のところ、配信限定のシングル作品です。この楽曲は、アニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』の主題歌として書き下ろされた作品です。以前に取り上げた、『夜行』は同映画の挿入歌として書き下ろされております。映画自体は、新型コロナの流行もあり、劇場公開が延期されております。

 さて、『花に亡霊』についてですが、ピアノが基調となったゆったりとしてテンポのバンドナンバーです。映画の主題歌ということもあり、メロディーが非常に美しいです。また、歌詞も要所要所で耳に残ります。タイトルに「亡霊」とあるように、目には見えない残滓のようなものを感じさせる歌詞はn-bunaさんらしいと思います。歌詞の中では、【形に残るものがすべてじゃないように】、【歴史に残るものが全てじゃないから】とも歌われております。

 『花と亡霊』の音域的な特徴についてです。音域自体はそこまで広くなく、最高音hiC#も楽曲で1回しか登場しません。ある程度歌い慣れた人であれば、手を付けやすいのではないかと思います。低音部分にも余裕があるので、歌い慣れていない人も練習曲として使いやすいです。

 

 さて、『花に幽霊』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2Bについてです。この楽曲では地声最低音も多く登場します。メロディーが美しいですので、低音部分もしっかり意識しておきたいところです。

 さて、地声最低音hiC#ついてです。hiC#はラストサビのところで1回だけ登場します。登場回数としては少なく、通常サビ等ではhiBが多く登場します。この辺りは歌い慣れた女性であれば、到達しうる高さですが、歌い慣れていない人はスムーズな発声が損なわれやすいです。歌い慣れていない人はhiBの部分を最初の目標にして、練習を重ねると良いと思います。

 『花に亡霊』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整も行いやすいです。歌い慣れていない人や高音が苦手な人にもキーを調整する余地があります。その点で融通が利きやすい作品です。練習曲としても使いやすいです。
 ヨルシカの作品は比較的狭い音域の作品が多く見られ、キー調整すれば初心者にも手を付けやすいイメージです。同曲についても、お奨めできる作品と私は分析しております。