こんにちは。今回はずっと真夜中でいいのに。の『サターン』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、アーティストが公式公開している『サターン』のアコースティックバージョンでは大体hiD#辺りから裏声が使われており、原曲のニュアンスとは少し異なります。ただ、表現として参考になることが多いと思いますので添付いたします。
 原曲の表現については、。よこうちさんのベースカバー動画を添付いたします。


『サターン』(ずっと真夜中でいいのに。)、Saturn(Zutto Mayonaka de Iinoni.)

『サターン』(ずっと真夜中でいいのに。)











【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★あの子と彼との空間中m1G#[継] 目に焼き付いG#[てる](Aメロ)
★君の匂いも m1G#[あ]れ いつのまに 変わってた(2番Aメロ)


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※サビで登場

★いびhiC[つ]hiA#[で]もいい 今日も照らしhiD#[続]hiC#[け]C[る]A#[よ]
★ hiD#[突き]hiC#[抜]hiC[けな]きゃ 叶わぬ声も 触れられD#裏[ない]もん


【裏声最高音】hiF(F5) ※サビ前で1回ずつ

★気づかないhiD#裏[ふりしあ]hiF[いっ]C[こで]C#[い][い]C[かな](サビ前)


【補足】hiA#(一部略)hiD#辺りの注意箇所

★わたhiC[しとい]hiC#[る]C[よ]り楽しまないで (冒頭)
★ここhiC[ろ]hiA#[き]ずを負った君がいい
☆こなれないで  こhiC[わ]してみてよ

★相槌hiA#[を覚え]A#[せい]で そ[らし]た気[温]hiC[と]A#[か]C[ぁ](Aメロ)
★終わhiA#[り]hiC[を告げ]てくデータと[コードと酸素を]飲み込んでく
★おhiA#[や]hiC[す]みもごhiC#[めん]C[ねも]飽きA#[た]C[け]

hiA#[で][やっ]hiC[や]A#[だ](サビ前) 
hiA#[それ]じゃ何[も]始まらないのだA#[か]hiC[ら]


★最後hiA#[に]hiC[気]A#[づ]いてもらえ[な]C[く]hiC#[て]C[も](サビ)
★まわりまhiC[わっ]hiA#[て][か][け]C[た]A#[と]きは
★震えhiA#[る]hiC[声]A#[に]耳澄hiC#[まし]C[て]
hiA#[つ]hiC[よ]hiC#[き]C[じゃ]C#[い]hiD#[ら]A#[れ]ないよ

hiC[タイ]hiA#[ミ]ング見hiD#裏[は]からってばかり(2番Aメロ)
★あなたhiA#[が]hiC[最]A#[初]に 私を見つC[け]A#[て]C[し]A#[い] (2番サビ)
★なhiA#[ん]A#[言]hiC[え]hiC#[ない]C[けど]

※アコースティックver.では☆の部分の「こわしてみてよ」が省略されてます


 まず、『サターン』についてです。この楽曲は、2018年に音楽ユニットずっと真夜中でいいのに。によりリリースされたミニアルバム『正しい偽りからの起床』に収録されております。同曲には、『秒針を噛む』『脳裏上のクラッカー』など人気曲も収録されております。

 さて、『サターン』はややゆったりとしたテンポのバンドナンバーです。作詞作曲はあCAねさん自身、編曲は久保田真悟さんによりなされています。久保田さんは様々なアーティストのアレンジに携わっておりますが、家入レオさんの『もし君を許せたら』(2018)で日本レコード大賞の編曲賞を受賞しております。その他では、ジャニーズグループの作詞作曲編曲、Official髭男dismの初期作品の管弦楽編曲にも携わっております。

 『サターン』の歌メロについてです。同曲はAメロBメロサビといった形が母体になっているのですが、冒頭、サビ前などにも別の構成があり、全体として歌メロの種類が多いです。そのため、「何回か聴けば歌メロは覚えられる」といった類の作品ではないです。個人的には歌詞が非常に印象的な楽曲です。【知りたくない あの子と彼との空間中継 目に焼き付いてる】というフレーズが、歌詞全体の宇宙感と結びついて特に好きです。

 『サターン』は女性の音域よりも高めに歌メロが作られております。低音部分にキーを下げる余地はありますが、普段歌い慣れていない人だとスムーズに行かない部分が出てくると思います。キーを下げるにしても、ある程度歌い慣れた人向けの作品といえます。
 ずっと真夜中でいいのに。の作品の中では『秒針を噛む』『脳裏上のクラッカー』などよりも少し歌いやすいのではないかと思います(それでも難易度は高めです)。






 最後に、『サターン』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3) ~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#についてはサビで登場します。この辺りは一般的な女性の音域よりも高めです。キーを下げることも選択肢に入れてください。ただ、冒頭に述べましたが、『サターン』はアコースティックバージョンでは、hiD#が裏声で歌唱されております。原曲とは異なるニュアンスになりますが、場合によってはhiD#辺りを歌声で歌唱するのもアリだと思います。その辺りは、各々試行錯誤してみてください。

 『サターン』は音域自体は、低音部分に余裕があり、キーを下げることも可能です。ただ、下げすぎると、逆に低音部分がしんどくなる可能性もあります。その点で、普段歌い慣れていない女性は少し難しい部分が出てくるかもしれません。キーを下げても難しいと感じる場合は、別の易しいの曲と並行してチャレンジするとよいと思います。
 原曲キーで歌唱する場合は、少し難易度の高い曲だと言えます。ただ、キーを調整すれば、チャンスが出てくるのではないかと私は考えております。