こんにちは。今回はくじらさんの『金木犀 feat.Ado』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『金木犀 feat.Ado』(くじら)

『金木犀 feat.Ado』(くじら)











【地声最低音】mid1F(F3)  

F[い]m2F[まになって答]m2G[え]合わせ(Aメロ)
★そんなのm1F[どう]でも良くて
m1F[あ]じのないクッキーコインランドリー(Bメロ) 

【地声最高音】hiB(B4)  ※ラストの転調サビ(+1)で1回

★夕暮れに置いてかないでレhiB地[コー]ドが回るあの日を

※今のところ地声としておきます。ここ以外ではhiA#が最高音


【裏声最高音】hiE(E5) ※転調サビで1回

★金木犀のにhiB[おい]も私もB[こ]hiC#[の]hiE裏[ま]hiD#[ま]


【補足】mid2F(一部のみ)hiB辺りの注意箇所

★憂いの波は寄せてはかm2F裏[え]す(Aメロ)
m2G[バ]m2F[カ]みたいなハンバーガー(Bメロ)
☆つりm2G[か]hiA[わ]hiA#地[をに]A[ぎ]ってるあG[な]たの手は

hiA#[窮]hiA[屈]な窓m2G[辺]の端に空いた半透明(Cメロ) 
★遠い誰かがわhiA#[た]hiA[し]を照らしG[て]

★空は揺らいだしhiB裏[あ]わせな生活も(ラストの転調サビ)

※地声最高音hiB以外では、この☆のhiA#が最高音です。



 まず、くじらさんについて少し説明します。くじらさんは2019年より活動するボカロPです。『アルカホリック・ランデヴー』を投稿サイトに発表し、活動が開始されました。今回取り上げる『金木犀 feat.Ado』これまでいくつかの楽曲を発表しております。最近では、yamaさんをボーカルに据えた『春を告げる』が非常に注目を集めております(同曲についても、今後取り上げていきます)。活動期間は短いですが、非常に注目を集めているミュージシャンです。
___

 さて、『金木犀 feat.Ado』(きんもくせいフィーチャリングあどについてです。同曲は、2019年にボカロPでミュージシャンのくじらさんによりリリースされた楽曲です。タイトルにもあるように、ボーカルには、Ado(あど)さんが迎えられております。Adoさんは現在17歳の女性シンガーで、動画投稿サイトにカバー曲なども投稿しております。中性的でクールなボーカルが特徴的です。公開されたMVは2020年6月現在、500万回を超えております。

 さて、『金木犀 feat.Ado』は打ち込みを主体としたエレクトロなバンド曲です。演奏時間が2分半と非常に密度濃く作られております。歌メロの構成としては、AメロBメロサビといった形ですが、2番がCメロのような役割を果たし、そのままラストのサビに展開されます。ラストのサビでは転調し、キーが一つ上がります。最近はこうした早い展開の曲が非常に増えているように私自身感じます。

 『金木犀 feat.Ado』の音域的な特徴についてです。地声部分については女性ボーカルの作品してはやや低めにキーが設定されております。低音部分も低めなので、キーを下げるのは少し難しいですが、最高音はhiBですので、そこまで高くないです。ただ、その分、Adoさんのような表現力が求められます。
 


 
 さて、『金木犀 feat.Ado』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについては、ラストのサビで1回登場します。ただ、私自身は地声か裏声か少し迷った部分です。場合によっては裏声で歌唱してもよいと思います。地声の方が迫力が出る印象です。
 この場面を除くと、1番のBメロでhiA#が登場します。hiB、hiA#辺りの音階は一般的な女性の音域の範囲内といえます。登場回数も多くないですので、歌メロをなぞるだけであれば、比較的多くの人が歌いこなしやすいのではないかと考えております。

 『金木犀 feat.Ado』は音域自体は広めの作品であり、キーの調整は行いにくいです。地声部分については、最高音は高くないですので、ある程度歌いこなせる人もと思います。ただ、同曲ではサビで裏声が登場しますので、その点で慣れない人は少し歌いにくいかもしれません。

 もし、この曲が歌いにくいと感じた場合は、キーを調整してみてください(キーを上げることもありえます)。そして、キー調整しても難しいと感じる場合は、別の曲と並行して練習することをお奨めします。音域自体は広めなので、その点で難しい部分もあります。

 まとめると、「地声最高音などは高くないので、チャレンジしやすい。ただ、音域は広めなので歌い慣れない人が難しいと感じる部分もある」といったところです。くじらさんの作品は昨今注目を集めております。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。(終わり)