こんにちは。今回は陰陽座の『甲賀忍法帖』(2002)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。カラオケ好きの友人がよく歌う1曲ということもあり、念頭に置いておりました。


『甲賀忍法帖』(陰陽座)、Kouga Ninpocho(Onmyo-Za)
『甲賀忍法帖』(陰陽座)










【地声最低音】mid2A(A3)  

★夜を m2A[つ]つむ叢(むらくも)[Aメロ]


【地声最高音】hiE(E5)  ※各サビで1回ずつ

★あhiE裏[な]たを まぶhiE地[た]hiD[が] hiB[ぼ]hiC[え]B[てい]るの


【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで2回ずつ

hiB[み]hiC[ず]B[の]様に優hiE裏[し]hiD[く](サビ) 
★あhiE[な]たを (瞼(まぶた)が 憶えているの)


【補足】hiAhiD辺りの注意点

★ひじょhiA[う]hiB[の]hiC[罠]B[ぁ](Aメロ)
★ああ 今hiB[もく]hiC[す]ぶ 想い胸に(Bメロ) 
★聢(しか)とhiB[や]hiD地[ど]hiC[ら]B[ば] 

hiC[は]hiD[な]C[の]hiB[よ]うに劇(はげ)D[し]C[く](サビ)
★震える 刃hiB[で] hiD[つ]hiB-hiC[らぬ[い][ぇ]

★止めらhiB[れ]hiC[な]B[い](ラストサビ)


 まず、陰陽座(おんみょうざ)について少し説明します。陰陽座は1999年に結成、2001年にメジャーデビューしたロックバンドです。女性ボーカルです。ジャンルとしては、ヘヴィメタルサウンドを基調としておりますが、ヴィジュアル面では和装基調としております。歌詞は「妖怪」などをテーマにしており、古語などを多用している点も特徴的です。武将や神々をテーマにした作品も多いです。今回取り上げる『甲賀忍法帖』のように、山田風太郎の『忍法帖シリーズ』など現代作品をオマージュした作品も多く見られます。歌詞世界の独自性が非常に強いバンドです。
 私自身はアニメ・ゲームなどとも相性が良い作風のではないかと考えていたのですが、アニメやゲームのタイアップはそこまで多くは無いようです。

___

 さて、『甲賀忍法帖』(こうがにんぽうちょう)についてです。この楽曲は、2002年にロックバンド陰陽座によりリリースされたシングル作品です。同曲は、テレビアニメ『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』の主題歌に起用され、話題を呼びました。アニメの主題歌ということもあり、同バンドの中でも知名度の高い作品の1つであると思います。

 『甲賀忍法帖』はヘヴィメタル色の強いのバンド曲です。歌メロについては歌謡的であり、最近の作品と比べると、歌メロに余白が多く取られられているように感じます。よって、「ブレスを入れるタイミングが無い」、「歌い回しが速すぎる」といったことも無いです。カラオケなどの練習に使いやすいのではないかと思います(キーは高めですが)




 さて、『甲賀忍法帖』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域より高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEはサビの終わりで1回ずつ登場します。この辺りは女性の音域より高いです。原曲キーで歌唱する場合、他のhiE場面と同じく裏声で歌唱するのも良いと思います。
 同曲は、サビでは地声のhiDも多く登場します。この辺りは一般的な女性の地声音域か、やや高めといったところになります。よって、人によってはキーを少し下げても良いと思います。原曲キーから2つ程度下げると歌いやすくなります。

 『甲賀忍法帖』は音域自体は広めですが、低音部分に少し余裕があります。よって、キーの調整は可能です。ただ、難易度としては「ある程度歌い慣れた人向けの作品」と思います。
 歌い慣れていな人がキーを下げて歌唱することも可能だと思いますが、他にも歌いやすい練習曲はあると思います。キー調整しても難しいと感じられた場合、別の易しい曲と並行して練習するとよいです。

 『甲賀忍法帖』は音域だけでなく、ボーカルの黒猫さんの表現で学ぶ点が多いと思います。その点で歌い慣れた人が表現力を磨くことにも向いていると思います(原曲キーではやや大変と思いますので、キーを調整した上で練習曲として使うとよいです)。