こんにちは。今回はクリープハイプの『ラブホテル』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、動画はmaehiさんのギターカバー動画を添付いたします。ご了承ください。


『ラブホテル』(クリープハイプ)、Love Hotel(CREEP HYP)
『ラブホテル』(クリープハイプ)










【地声最低音】mid1G(G3)  

★何m1G[も]しないから少しやm2G[す]もうか(Bメロ)


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※曲全体で2回

hiA#[君]hiC[の]hiD[せい]hiD#[にし]D[て]C[もい]A#[い](サビ)


【補足】hiAhiD辺りの注意点

★わhiA#[たしは君]hiA[と]m2G[は][が]うからね (Aメロ)
★吹いたm2G[ら]飛んで行きそ[う]な軽いhiA#[お]hiA[と]こに(Bメロ)

★なhiC[つ]hiA[の]hiA#[せい]×3 にしたらhiA#[いい](サビ)
★いhiC[ま]hiD[で]C[も]hiA#[ぉ] A#[わ]hiA[す]れられないよ(ラストサビ)

 
 まず、『ラブホテル』についてです。この楽曲は、2013年にロックバンドのクリープハイプによりリリースされたアルバム『吹き零れる程のI、哀、愛』(ふきこぼれるほどのアイ、あい、あい)に収録されております。アルバムの1曲目です。また、アルバム曲でありながら、ベストアルバムにも収録されております。

 『ラブホテル』はミディアムテンポのバンド曲です。夏の恋をテーマにしたラブソングです。クリープの楽曲は尾崎さんの声質もあり、非常に高いです。今回の『ラブホテル』も冒頭サビからhiCが連発で登場します。

 歌詞についてですが、個人的には『出会ったあの日は103です それからの毎日は307です 別れたあの日は403です』という2番のフレーズが非常に耳に残りました。この歌詞について、私は【103はホテルの部屋番号、307はアパート(マンション)の部屋番号、403はForbidden(閲覧禁止)ということで「逢うことさえ叶わなかった」】と解釈しています。
 


 『ラブホテル』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#は1番と2番のサビで登場します。回数としては少ないです。ただ、最高音以外の場面でもhiA~hiD辺りが多く登場します。男性ボーカルとしては極めて高いです。一般的な男性の場合は、キーを5~6つ程度下げると歌いやすくなります。

 『ラブホテル』は音域自体はそこまで広くないので、キーの調整はしやすいと思います。ただ、ボーカル尾崎世界観さんの声が非常に高いですので、大きくキーを調整する必要があります。その点で、扱いづらいと感じられる人もいるかもしれません。逆に、大きなキー調整も気にならない人であれば、お奨めしやすいです。

 『ラブホテル』は男性が原曲キーで歌唱するのは非常に大変ですが、女性」が歌う方が意外と取っつきやすいかもしれません。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。個人的には、クリープハイプは歌詞が非常に好きなものが多いです。