J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『Flamingo』(米津玄師)の音域と感想

 こんにちは。今回は米津玄師さんの9thシングル『Flamingo/TEENAGE RIOT』から、Flamingo』(2018)を取り上げます。よろしくお願いします。
 
 ※米津玄師さんの音域について、当ブログではこれまでに、『アイネクライネ』『爱丽丝(アリス)』『打上花火』(DAOKO×米津玄師)『打上花火』(米津玄師ソロver.)『馬と鹿』『海の幽霊』『orion』、『かいじゅうのマーチ』『恋と病熱』『春雷』『Nighthawks』『ナンバーナイン』『灰色と青 ( + 菅田将暉)』『飛燕』、『LOSER 』『ピースサイン』、『砂の惑星』米津玄師作詞作曲『パプリカ』(Foorin)『パプリカ』(米津玄師セルフカバー)『Flamingo』『フローライト』、『メトロノーム』『マトリョシカ』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。


『Flamingo』(米津玄師),Flamingo(Kenshi Yonezu)
2018年10月31日発売


『Flamingo』(米津玄師)









【地声最低音】mid1D(D3) ※
曲全体を通して頻出

★唐紅の髪飾り あらまし[き]恋敵
★あなたフラミンゴ 鮮や(かな)フラミンゴ
★寂しさ[と]嫉妬ばっか残して 
★あたしは右手 「に」ねこじゃら「



【地声最高音】hiA(A4) ※ラストのサビ1か所のみ  

★(ふら) ふら 「f笑っ」()もう帰()ない mid2G(G4)



 さて、『Flamingo』についてですが、2018年にシングルとしてリリースされ、米津さん自身が出演するSONYのワイヤレスイヤホン「WF-SP900」のCMソングのタイアップとしても話題になりました。

 『Flamingo』のサウンドとしては、リズム&ブルース、ファンク、日本民謡の要素から成り立っています。歌唱スタイルとしても民謡や島唄といった要素が非常に強く出ています。これまであまり見られなかった斬新な組み合わせだと思います。 

 個人的に特に耳を引いたは、楽曲全体に『声ネタ』『サンプリングボイス』が仕込まれている点です。これまでも米津さんの楽曲では声ネタが使われることが多かったのですが、この『Flamingo』はそれが楽曲の全体にわたり使われます。

 これら要素が様々合わさることで、非常に中毒性が高い楽曲に仕上がっています。両A面のもう一方の『Tennage Riot』が正当なギターロックであることを考えると、どちらかといえば「変化球」の楽曲であると思います。それがyoutubeのチャンネルでは2019年3月現在、7400万回も再生されていることを考えると、非常に面白くもあります。


 歌詞については、全体的にあまり日常的でない言葉が多用され、楽曲の中毒性を際立たせていると思います。歌詞の内容としては、「失恋」とりわけ「歓楽街での恋」を思わせます。楽曲のテイストもあり、西洋スタイルのナイトクラブ等ではなく、和の遊廓・花街などの想起させます。また、「あなた」のことを「フラミンゴ」と形容してる点、女性の艶っぽさとスタイルの良さなどを思わせます。



 


 さて、『Flamingo』の音域についてですが、地声最低音  mid1D(D3)~地声最高音 hiA(A4)で構成されています。全体として、男性の一般的な音域に該当するといえます。もし高いと感じられる方は、キーを1~2下げる(♭1~♭2)と良いと思います。逆に高音部が得意な方はキーを上げても良いと思います。米津さんの楽曲は必ずしも高い音域ではないので、キーを上げた方が歌いやすいという方もいると思います。

 注意すべき点は曲全体を通して、低音部が頻出することです。米津さんの楽曲群の中では必ずしもキーが低い作品ではないですが、Bメロ、サビ、Cメロと全体にわたり最低音部mid1D(D3)が登場します。特にサビでこれだけ低音部が登場する楽曲も珍しいのではないかと思います。

 カラオケなどで歌う際は高音部の再現に目が行きがちですが、この作品については低音部への意識を強く持った方がいいかもしれません。これは米津さんの楽曲の多くに言えることでもあります。米津さんの楽曲は高音域は必ずしも高いわけではありません。しかし、①テンポが速い、②メロディーの高低差が激しいなどの特徴から、高音部で息切れしてしまうといったことが起こりやすくなってしまいます。中低音部を効率的に発声することで、高音部での余裕を保っていきたいです。
 
 また、この楽曲はメロディーや発声、リズムが独特であります。最低限歌詞はちゃんと覚えておくようにしたいです。

__lt__script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"__gt____lt__/script__gt__

『In the Stars(feat. Kiiara)』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『In the Stars(feat. Kiiara)』(2019)を取り上げます。この楽曲はアルバム『Eye of the Storm』(2019)の収録されいる楽曲です。よろしくお願いします。

 また、この楽曲は現在youtubeの公式チャンネルでは公開されておりませんので、当ブログでも動画の添付はありません。ただ、『In the Stars(feat. Kiiara)』は映画『フォルトゥナの瞳』の主題歌としてタイアップが付いていますので、その映画の予告編の動画は添付しておきます。ご了承ください。
 
 ONE OK ROCKについては、以前に『Change』、『Stand Out Fit In』『Taking Off』『Eye of the Storm』を取り上げました。興味を持たれた方は、そちらもどうぞ。

『In the Stars(feat. Kiiara)』(ONE OK ROCK)
2019年2月13日発売【アルバム『Eye of the Storm』収録】

『In the Stars(feat. Kiiara)』(ONE OK ROCK)










【地声最低音】mid1E(E3) (Aメロ)

★Sick and tired of waiting  So we learned to fly What a [wild]  ride



【地声最高音】hiA(A4)  

★Oh (Oh Oh Oh Oh Oh) [Oh] (Oh) (mid2G) ※サビの一部の歌詞の無い部分
★(That it was written in the) [stars] (mid2G) ※大サビのラスト1か所




 まず『In the Stars(feat. Kiiara)』についてですが、2019年2月に発売されたアルバム『Eye of the Storm』(2019)に収録され、映画『フォルトゥナの瞳』の主題歌としてタイアップが付いています。『フォルトゥナの瞳』の原作は同名の小説であり、百田尚樹氏によって著されています。百田尚樹氏は『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』等で広く知られています。






 『In the Stars(feat. Kiiara)』についてですが、まずコラボレーションの相手Kiiaraさんについて、少し説明します。
 Kiiaraさんは米国人女性シンガーです。2015年のデビューシングル「Gold」で知られ、youtubeの再生回数は9200万回を超えています。また、2017年にLinkin Park(リンキンパーク)のシングル『Heavy』でコラボレーションを行っています。今後日本においても知名度が上昇していくことが期待されます。
 ちなみに「Kiiara」の読み方ですが、「キイアラ、キアラ」です。知名度が上昇するにつれて、読み方も定まっていくと思います。




 
 さて、『In the Stars(feat. Kiiara)』はONE OK ROCKボーカルのTakaさんと、Kiiaraさんのハーモニーが活きるような形でアレンジされています。Takaさんと言えば、天に届くようなハイトーンボイスが特徴的ですが、今回は全体として落ち着いたポップな作りになっております。歌詞もメロディーも非常にロマンティックであり、カラオケなどで歌うのにも適していると思います。これについては、後に詳しく言及します。
  
 タイトルの『In the Stars』ですが、歌詞の中では「I got a feeling that it was written in the stars」と繰り返されます。これは、和訳すると「僕はそれが運命な気がしているんだ」といった感じです。「witten in the stars」は「運命である」「星の定めである」ということを意味し、英語ではよく使われる表現であります。

 

 さて、『In the Stars(feat. Kiiara)』の音域についてです。地声最低音   mid1E(E3)~地声最高音 hiA(A4) でメロディーが構成されています。ONE OK ROCKの楽曲の中ではかなり歌いやすいと思います。少なくともこれまで当ブログで取り上げた作品の中でも、最も易しい楽曲です。

 歌詞やメロディーについても非常に分かりやすいですし、カラオケなどでも歌いやすいと思います。英語部分を覚えるのが大変ですが、努力が報われやすい楽曲だと思います。

 注意点としてはサビ部分の「Oh (Oh Oh Oh Oh Oh) [Oh] (Oh) (mid2G)[hiA]」の部分だと思います。一般的な男性の音域としては、少しきついかもしれません。ただ少しずつ慣れていけば、届く高さです。
 
 この楽曲はデュエットですが、ソロで歌う場合、一般的な男性の場合はキーを一つ下げる(♭1)女性の場合はキーを1以上上げる(#1以上)と良いと思います。


『恋をしたから』(あいみょん)の音域と感想

『恋をしたから』(あいみょん)、Koi wo shita kara(Aimyon)
2019年2月13日発売【アルバム『瞬間的シックスセンス』収録】

『恋をしたから』(あいみょん)










【地声最低音】mid1G(G3)

★譲「」きれない思い出ばかりで
★恋をしたから あ「」たを知れた


【地声最高音】hiB(B4)  ※曲全体で1回

★1人歩影([か]げ)に貴方を求めて


※上記のフレーズ以外では曲全体を通して、hiAが頻出します。以下

★いい加減に諦めな「」いなんて
★さらに言えば私はあ「」たを 貴方が思う以上に大好きで
★好で 好で 好で 今 とても辛いのです
etc


【裏声最高音】hiC(C5) ※曲全体で1回

★1人歩[く]影(げ)に貴方を求めて


【フェイク】    hiD(D5) 

★寂しさも苦しさも 恋しさも愛しさも すべて ha~ [ha~~] hiC,hiD


 こんにちは。今回はあいみょんさんの『恋をしたから』(2019)を取り上げたいと思います。この楽曲は、2019年の2月に発売されたアルバム『瞬間的シックスセンス』に収録されています。よろしくお願いします。
 
 あいみょんさんの音域について、当ブログでは、これまでに『マリーゴールド』『今夜このまま』『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』『満月の夜なら』『夢追いベンガル』『ふたりの世界』『○○ちゃん』、『ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌』『恋をしたから』『プレゼント』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。


 さて、『恋をしたから』についてですが、アコースティックギターをベースに非常にシンプルなアレンジで作られた楽曲です。メロディーや歌詞については私はRADWIMPSの影響を強く受けているように感じました。
 たとえば、冒頭の「忘れられないものなどなくて 譲りきれない思い出ばかりで いい加減に諦めなさいなんて 簡単に言わないで」といったフレーズは韻を踏みつつ、畳みかけるような節回しです。

 RADWIMPSの近作『そっけない』(2018)では「こっち向いてよ こっちおいでよ いい加減もう諦めなよ」などといったフレーズが登場します。こちらも畳みかけるような韻を踏んだフレーズですし、また「諦めなよ」という言葉も出てきます。RADWIMPSは2018年に『泣き出しそうだよfeat.あいみょん』でコラボレーションしておりますので、あいみょんさんも自身の作品に何かしらの影響を受けているのかもしれません。
  
 一方で、両者の違いもあります。RADWIMPSの『そっけない』では強く相手に迫る歌詞が印象的です。例えば以下の歌詞などです。

★何でそんなに 素っ気ないのさ そっぽ向いてさ 君の方から誘ったくせに 俺じゃないなら早く言ってよ そんなに暇じゃないんだ
★もっと近くで もっと側で この視界からはみ出るくらいに 君だけで僕を満たしたいの


 逆にあいみょんさんの『恋をしたから』においては非常に「弱弱しさ、切なさ」を感じます。恋の苦しさで夕日に溶けてしまいそうな姿が映し出されます。
 
 そうした「恋をしたときの弱さ、切なさ」の一面はあいみょんさんの声色にも明確に表れています。あいみょんさんの声質は非常に力強く、頼りがいのあるような印象を受けることも多いですが、この『恋をしたから』では高音域でも力強さよりも切なさが強調されています『愛を伝えたいだとか』『君はロックを聴かない』等の発声とは明らかに違います。カラオケなどでこの歌を歌う際は、そうした弱さや切なさに気を配ると良いと思います。





 さて、『恋をしたから』の音域についてですが、地声最低音   mid1G(G3)~地声最高音hiB(B4)、裏声最高音 hiC(C5)、フェイクhiD(D5)といったメロディーになっております。曲の中で1か所、hiC(C5)hiD(D5)を駆使したポイントがありますが、どちらも裏声ですので、難易度は高いわけではありません。
 また、地声の最高音であるhiB(B4)についても、裏声で発声してもあまり問題ない思います。これは曲のレビューで言及しましたが、『恋をしたから』は「弱さ、切なさ」に重きを置いた作品だからですあいみょんさんの歌唱も弱さが強調されています。
 曲全体を通して、hiA(A4)が頻出しますので、歌い慣れていない人は少し苦労するかもしれません。ただ、楽曲自体のハードルは高くないので、チャレンジして損はない、努力すれば結果が付きやすい作品だと思います。難易度としては、あいみょんさんの楽曲ではかなり手をつけやすいです。

 ちなみにこの楽曲は高音域の得意な男性であれば原曲キーでチャレンジできる作品だと思います。『恋をしたから』は男性目線で描かれた作品ではないですが、男性が歌っても違和感が無いと思います。一般的な音域の男性が歌う場合は、キーを3つ程度下げる(♭3)と良いと思います。





管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー