スポンサーリンク
カテゴリー

『Be The One』(PANDORA feat.Beverly)の音域 /『仮面ライダービルド』主題歌

こんにちは。今回はPANDORA feat.Beverlyの『Be The One』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。ちなみに、PANDORA(パンドラ)は音楽プロデューサーの小室哲哉さんと浅倉大介さんによるユニットです。 Beverly(ビバリー)さんはフィリピン出身の女性歌手です・


『Be The One』(PANDORA feat.Beverly)

『Be The One』(PANDORA feat.Beverly)










【地声最低音】mid2F(F3) 

m2F[この]ままあるF[き]つhiA[づけ]hiA#[てる] hiD[今]A#[夜 ]F[も] (Aメロ)

※Aメロサビを含め、楽曲全体で多く登場します


【地声最高音】hiG(G5)  

hiC[き]hiD[ざhiF[よ]hiG[ぉ][ぉ]F[ぉ]D[ぉ](2番サビ)

※曲全体で1か所です。hiFが頻出します


【補足】hiChiF辺りの注意箇所

hiC[Be] hiD[The] One,C[ Be] D[The] One All m2F[right!](サビ)
hiC[あし]hiD[たの]地球をhiF[投げ]hiD#[出せ]D[ない]C[から]
hiC[お]hiD[く]F[よ] C[ひ]D[び]hiF[よ]


 まず、PANDORA(パンドラ)について少し説明します。PANDORAは2017年に音楽プロデューサーの小室哲哉さんと浅倉大介さんにより結成された音楽ユニットです。今回紹介するシングル曲と、ミニアルバム1枚をリリースしておりますが、2020年6月現在、小室哲哉さんの引退に伴い、事実上活動休止となっています。
 小室哲哉さんはこれまでダンスミュージック系のミュージシャンを中心に多くのプロデュースを手掛けた日本を代表するプロデューサーのです。とりわけ90年代半ば頃は小室さんのプロデュースするミュージシャンが多くの音楽チャートで上位を独占しました。
 浅倉大介さんは、音楽ユニットaccessのキーボーディストです。プロデュースとしては、とりわけT.M.Revolutionの作編曲で知られています。小室さんがリーダーを務めるTM NETWORKのサポートメンバーとしても参加しておりました。小室さん浅倉さんともに、J-POPにデジタル・ミュージックを導入・普及させることに多大なる貢献をしました。


 さて、『Be The One』についてです。この楽曲は、2018年に音楽ユニットPANDORAによりリリースされたシングル作品です。ボーカルにフィリピン出身の女性歌手Beverly(ビバリー)さんが迎えられております。
 『Be The One』は2017年より送されていた『仮面ライダービルド』の主題歌としてタイアップが付きました。同ドラマを見ていた人は非常に思い入れのある楽曲であると思います。同ドラマの劇場版映画では、Beverlyさんが『Everlasting Sky』を担当しています。

 『Be The One』はノリの良いエレクトロポップです。四つ打ちのリズムが非常に心地よいです。歌メロについては、Aメロとサビで作られており、シンプルです。
 
 『Be The One』の音域的な特徴についてです。図にも示しておりますが、女性としては極めて高い音域で歌メロディーが作られております。音域自体は広くないのでキー調整がしやすいです。ただ、原曲キーで歌唱するのは、には非常に難しいと思います。男性が歌唱する場合は、1オクターブ下でも良いかもしれません。



 最後に、『Be The One』の音域についてですが、【地声最低音】mid2F(F3)~【地声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiGは2番のサビで登場します。登場回数としては1回だけなので少ないです。ただ、同曲はサビの中心として、hiFという音階が何度も登場します。
 この辺りの音階は女性としても極めて高いキーです。一般的にはキーを下げて歌唱した方が歌いやすいです。目安としては、原曲キーから4~5つ上げて、1オクターブ下を歌唱すると良いと思います。

 『Be The One』は音域自体は広くありません。よって、キーの調整は行いやすいです。普段歌い慣れていない人がキーを調整して歌唱することにも向いていると思います。ただ、同曲は原曲キーが非常に高いです。キーを動かしすぎると歌いにくくなるという人もいますので、その点では使いにくいかもしれません。
 
 『Be The One』はノリがよい楽曲であり、カラオケでも歌いやすいです。また、音域自体が広くないのでキー調整が可能であれば練習曲としても非常に向いております。その点で、お奨めしたい作品です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たなぱい より:

    クリープハイプ の イノチミジカシコイセヨオトメ を分析して頂けませんか?ぜひお願い致します!

  2. 離着陸 より:

    Mrs. GREEN APPLEのSPLASH!!!お願いできますか?

  3. インドア より:

    リクエストです
    Mrs. GREEN APPLEのどこかで日は昇るお願いします!