こんにちは。今回はWANDSの『世界が終るまでは…』(1994)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『世界が終るまでは…』(WANDS)、Sekai ga Owaru made ha

『世界が終るまでは…』(WANDS)









【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロで登場

★大都会にm1E[ぼ]くはもう一人[で] (Aメロ)


【地声最高音】hiA(A4)  ※各サビで2回ずつ

★(世界が終るまでは) 離hiA[れる]m2G[ぅ事]ぉもG[ない](サビ)


【補足】mid2Emid2G辺りの注意点


★ 愛ならばいっm2E[そ]m2F[と]E[わ]に眠[ろ]うか(サビ前)

m2F[世界が終る]m2E[ま][は] (サビ)
★そm2F[う]m2G[願][って]いた 幾m2G[千]F[の]F[る]ぅと
★はm2E[か]m2F[な]E[き]想い こ[の] F[Tra][ge]dy Night


 まず、『世界が終るまでは…』についてです。この楽曲は、1994年にロックバンドWANDS(ワンズ)によりリリースされたシングル作品です。アルバム『PIECE OF MY SOUL』を始め、ベストアルバムなどにも収録されております。シングルでミリオンヒットを記録しており、WANDSの代表的なシングル作品の1つといえます。
 この楽曲は、テレビアニメ『SLAM DUNK』(スラムダンク)のエンディングテーマ曲としてのタイアップが付きました。こうしたことも、楽曲の知名度の向上に大きく貢献しております。

 さて、『世界が終るまでは…』についてですが、ミディアムテンポのロックナンバーです。ロックバラードなどにもあたると思います。歌メロはAメロBメロサビといった形で馴染みやすいのですが、私なりにはAメロBメロの流れがスムーズで、サビに繋がっていると分析しました。
 作詞は初代ボーカルの上杉昇さん、作曲は織田哲郎さん、編曲を葉山たけしさんが担っております。ビーイング系アーティストのヒット曲の多くは、この織田哲郎さんと葉山たけしさんが担当していることが多い印象です。一方で、WANDSはメンバーで作詞作曲した作品も多くのヒットがあり、その点でバンドの独立性とヒットが両立していたイメージです。






 さて、『世界が終るまでは…』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。

 まず、地声最高音hiAはサビで登場します。曲全体で6回です。この辺りは一般的な男性の音域よりもやや高めです。また、サビ全体を通して、mid2E~mid2G辺りの音が連続して登場します。
 ある程度高音域が得意な方は手を付けやすいかもしれませんが、一般的には少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。一般的な男性の場合、原曲キーから1~2程度下げるとよいと思います(歌い慣れていない人等はもう少し下げても良いです)。

 『世界が終るまでは…』は低音部分に余裕があり、キー調整はしやすいと思います。歌い慣れていない人向けの調整も可能であると思いますが、この楽曲より練習曲に向いているものは他にもあると思います。また、ボーカルの上杉さんのロック色の強い表現などは、歌い慣れていない人には少し難しいかもしれません。キーを調整しても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。

 『世界が終るまでは…』はとりわけアニメを見ていた人や90年代に青春を迎えた人には非常に馴染み深い楽曲だと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
 
 ※余談になりますが、漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)は日本の漫画の金字塔とも言える作品であり、とりわけ今の(スポーツ)漫画の雛形になったような表現が多いです。25年以上前の作品ですので、時代にそぐわない表現が一部あるかもしれませんが、表現を学ぶ方などには、お奨めしたい作品の1つです。バスケットボールがテーマの漫画です。