カテゴリー

『未来予報ハレルヤ!』(Liella!)の音域 / 『ラブライブ!スーパースター!!』挿入歌

こんにちは。今回はLiella!の『未来予報ハレルヤ!』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、『未来予報ハレルヤ!』はアーティストおよびアニメの公式チャンネルではTVサイズが公開されております。当ブログにおいても、そのTVサイズの動画を添付いたします。


『未来予報ハレルヤ!』(Liella!)
『未来予報ハレルヤ!』(Liella!)の音域






【地声最低音】mid1G#(G#3) 

m1G#[ダ]メな自分に[モ]ヤモヤしてた【Aメロ】
m1G#[け]どね、ほんとはなりふり構m2G#[わ]ず  
★交m2A#[差]点 はしゃぐ風 スカートひらり踊る【Bメロ】


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※曲全体で3回

★(つまずきも羽にして) 飛hiD#[べ]hiC#-hiC[る] [よっしゃ!]【サビ】


【補足】mid2G#hiC#を含むフレーズ一覧

★あこm2G#[が]れまで[か]くしてごまかしちゃうほど【Aメロ】
★頑m2G#[張]hiA#[り]たいA#G#[わ][し]が震えてたの

★そのたび ときめm2G#[いて] m2G#hiA[い[ま]な]らきっと【Bメロ】
m2G#hiA[変[わ]れ]る気がすhiC[る]hiA#[か]G#[ら]

★大好きなm2G#[キ]hiC[モチ]hiC#[にもう]【サビ】
hiC#hiC[う]そ]hiA#[は]m2G#[つ][ない]
★(聴こえてくるよ) 未来予m2G#[報ハ]hiC#hiC[レ][ヤ!]

★(その分だけ見えるよ) 次のけm2G#[し]【2番Aメロ】
★街にあふれるメロディ こんなにもどきどhiB[き]m2G#[は]【2番Bメロ】

☆つまずきもはhiA[は]hiC[ねに]hiC#[して]【ラストサビ】

 まず、Liella!(リエラ)について少し説明します。Liella!はテレビアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』に登場する架空の5人組女性スクールアイドルグループであり、キャラクターの声を担当する女性声優5人で結成されたアイドルユニットです。2020年に同アニメのキャストが発表され、2021年から本格的に活動しております。ラブライブシリーズは人気が高い作品であり、Liella!はFNS歌謡祭など一般の歌番組などにも出演されております。

 さて、『ラブライブ!スーパースター!!』はラブライブシリーズの第4作にあたります。今回はシリーズ初の試みとして、メインキャスト数名を一般公募のオーディションで決定しております。合格者は1名の予定でしたが、澁谷かのん役の伊達さゆりさん、葉月恋役の青山なぎささんのの2名がキャストとして抜擢されました。


 さて、『未来予報ハレルヤ!』(みらいよほうハレルヤ)についてです。この楽曲は、2021年にアイドルグループLiella!によりリリースされたシングル作品です。『Tiny Stars』との両A面シングルとなっております。同曲は、テレビアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』の第1話で挿入歌として放送され話題を呼びました。オリコンランキングなどでは、2022年1月現在、Liella!のシングルでは最も高い売上を記録しており、昨年のFNS歌謡祭でも同曲が披露されました。


 『未来予報ハレルヤ!』はアップテンポのポップナンバーです。頭サビでメロが始まり、AメロBメロサビと展開します。全体的に親しみやすいメロディーであり、とりわけサビが爽やかかつ伸びやかです。一方、Bメロでは2回転調が行われております。この辺りは、慣れていないと音程が狂いやすいかもしれません。作詞は宮嶋淳子さん、作曲はEFFY、編曲は山下洋介さんによりなされております。3名ともアニメソング、声優の楽曲にゆかりがあるクリエーターです。ちなみに、EFFYと山下洋介さんはMrs. GREEN APPLEのストリングスアレンジなども担当しております。


 『未来予報ハレルヤ!』の音域的な特徴についてです。同曲は、女性はとしては高いレンジで歌メロが作られております。サビではhiD#が地声で登場し、hiC#辺りの頻度も高いです。そのため、通常はキーを下げた方が歌いやすいです。また、音域面以外では、グループ曲ということもあり、サビ辺りは息継ぎが入れにくくなっております。そのため、「ブレスを入れるタイミング」というのも意識したいです。
 今回は、個人的に気になった点について言及します。上の音域一覧でも表記しておりますが、ラストサビの☆の部分【つまずきもはhiA[は]hiC[ねに]hiC#[して]】は、通常のサビではm2G#のところがhiAと微妙に変化しております。たった一音の違いですが、終盤の見せ場として表現のアクセントになります。当然、全体の歌メロディーがしっかり歌えることが前提ですが、この小さな違いが、私個人としては意外と重要な場面だと感じました。



 最後に『未来予報ハレルヤ!』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1G#についてはAメロで登場します。この辺りは、女性の声域の範囲内であります。ただ、高音域が「非常に」得意な女性は若干低く感じられるかもしれません。その辺りは留意しておいてください。

 一方、地声最高音hiD#はサビで1回ずつ登場します。曲全体で3回で、回数としては多くありませんが、一般的な女性としては高い音階です。加えて、同曲はhiC#辺りがhiCとコンボになっており、登場回数も多いです。そのため、一般的な女性の場合はキーを下げた方が歌いやすいです。一つの目安ですが、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください(♭2~3)。
 ちなみに、男性が同曲を歌唱する場合は、原曲キーから4つ程度あげて、1オクターブ下を歌うと比較的歌いやすいと思います(#4でオク下げ)。

 『未来予報ハレルヤ!』は低音部分に余裕があり、キー下げなどは可能です。ある程度歌い慣れた人であれば、自分の得意なレンジに合わせることができると思います。一方で、歌い慣れていない人などは、キー調整を行っても難しい部分が出てくるかもしれません。Bメロが転調しており、音程が取りづらい点もハードルになりやすいです。
 キーを下げても難しいと感じた場合は、別の易しめの曲と並行して練習してください。また、「Aメロは少し曖昧でもいいのでBメロやサビは頑張る」といったように、パートごとに練習に強弱をつけるとよいです。


 『未来予報ハレルヤ!』を原曲キーで歌唱する場合、hiD#辺りがしっかり歌いこなせる力が求められます。サビではhiC,hiC#辺りも多く、女性としては高いレンジになります。よって、女性のの中でもある程度高音域が得意な方などにお奨めしやすいです。
 先にも述べたように、同曲はBメロで転調しており、その部分は音程が取りにくいです。原曲を繰り返し聞いて、しっかり慣れておきたいです。また、グループ曲ということもあり、息継ぎが大変な部分があります。サビなどは、「ここで息継ぎをする」、「コーラスの部分は歌わない」といった決まり事を作っておくとよいと思います。また、原曲のように複数人で歌うのもよいです。


 当ブログでも時々言及しておりますが、アイドルグループの曲、ボーカルが複数人いるグループ曲は、息継ぎがしにくかったり、一部が非常にキーが高かったり、音程が取りにくかったりと、最近は難易度が高くなることが増えております(男女問わず)。その点で、カラオケなどで選曲する際は参考にされるとよいと思います。意外と一筋縄ではいきません。

 『未来予報ハレルヤ!』はキー調整などを加えれば、比較的歌いやすい作品です。私自身、サビのメロディーなどを中心に非常に耳に残りました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もなか より:

    こんなに早く取り上げていただいてありがとうございます!
    個人的によっしゃ!の所を自分の出るギリギリのキーにすると楽しいです笑

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。

      確かに一番の見せどころなので、
      ちょうどギリギリぐらいの高さに合わせるといいですよね。
      初めて知った曲ですが、この曲いいですね。
      伊達さゆりさんはじめ声優の歌声やアレンジなども素敵です。

      他にも1曲『Wish Song』リクエストされてますので、
      そちらの方も頑張って記事にしたいです。
      時期的には来月以降になると思いますが、
      なるべく早く記事に出来るように努めます。