こんにちは。今回はUVERworldの『REVERSI』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『REVERSI』(UVERworld)


【地声最低音】mid1D(D3)  ※ラップパート

★sound m1D[聴かせてやる]

※ラップパートを除くと、mid2Aが最低音です。

【地声最高音】hiA(A4)  ※楽曲全体を通して頻出

★そm2F[の]手で すhiA[べ]m2G[て][ぇ]色あるものを[変]えれるG[な]A[ら]
★不安とまm2F[よい から見つ]け出した生hiA[き]m2G[か][たも]
★やm2F[す]らぐ[方]hiA[に行こう]m2G[として]F[ぇ]
★いhiA[ご]m2G[こ]m2F[ちにも慣れ]てきて
★大人の仲間入hiA[り]m2G[す]m2F[る][の][か?]

★がんじがhiA[ら]m2G[め]の社hiA[会]]G[で]幾度手を伸ばし
★じhiA[ぶ]m2G[んは]少し終わってくhiA[気がし][て]G[た]
★うhiA[し]m2G[なっ]てしまったら
hiA[respective yeah]


※ラップパートにもhiA,mid2Fなどの場面があるのですが、ここは音程よりもリズミカルに歌いこなせることの方が重要ですので、今回は割愛します。





【補足】mid2F(一部のみ)mid2G#の注意箇所

★Listen tempt provi-[-dence]m2F
★きたm2F[ない]F[界]でい[き]を止[め]

★掴m2G#[も]m2G[う][し][た]G#[の]G[は]G#[れ]G[じゃ]ない
★不安と迷いのなm2F[か]m2G[きか]F[たを]見つF[け]だす
『REVERSI』(UVERworld)









 まず、『REVERSI』についてです。この楽曲は、2012年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。厳密にはアルバム『THE ONE』に収録されていた楽曲ですが、リスナーなどの要望もありリカットされました。CDが売れなくなって久しいですが、2010年代にシングル曲としてリカットされるのは珍しいのではないかと思います。同名漫画を原作としたアニメ映画『青の祓魔師 -劇場版-』の主題歌としてタイアップが付きました。

 ちなみに、『REVERSI』(リバーシ)とは、日本ではオセロとして知られているゲームのことです。オセロになぞらえて、自分の夢や目標、勝負などにおける迷いを乗り越えていく前向きな歌詞内容になっています。こうした点はアニメの主題歌としても非常にピッタリなのではないかと思います。

 『REVERSI』の歌メロディーの音域的な特徴についてです。ラップパートを除くと、メロディーは1オクターブで構成されており、音域自体は決して広くありません。ただ、ロックバンドなどによるこうした作品はキーが狭くて歌いやすいのではなく、メロディー全体を通して高音域が頻出してことが多いです。『REVERSI』も歌メロディー部分の音域は広くありませんが、楽曲全体を通してhiAを中心とした高めの音階が頻出します。全体として、持続力が要求されます。



 さて、『REVERSI』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されています。一般的な男性の音域より少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiAと一般的な男性の音域より少し高い程度です。ただ上述するように、このhiAが楽曲全体を通して、嵐のごとく頻出します。よって一曲分丸々歌い切るだけの持久力が必要になります。見た目以上に難易度が高いと思います。

 一般的な男性の場合、まずは少しキーを下げた状態で歌唱するのが良いと思います。例えば、原曲よりも2つ程度キーを下げて、最高音をmid2G辺りに設定すると、少し楽に歌唱できるはずです。

 一方、歌い慣れていない人の場合は、原曲キーから2つ下げた状態でも少ししんどいと思います。『REVERSI』はラップ部分を除けば、音域自体は広くないですので、もっとキーを下げて歌唱することも可能です。カラオケ等でも盛り上がりやすい楽曲だと思います。