こんにちは。今回は椎名林檎さんの『罪と罰』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 先日、テレビ番組でBiSHのアイナ・ジ・エンドさんが同曲をカバーしており、良い機会だと考え、今回取り上げることにしました。


『罪と罰』(椎名林檎)、Tsumi to Batsu(Ringo Sheena)

『罪と罰』(椎名林檎)









【地声最低音】mid1D(D3)  ※楽曲のラストで登場

★頬を刺す朝の山手通り たm1D[ば]この空D[き]箱をD[捨]てる


【地声最高音】hiD(D5)  ※ラストサビで1回

★不穏な悲鳴をhiA[愛]hiD地[ない]hiB[で]A[ぇ][ぇ](転調サビ[+2])

※ラストサビで転調し、キーが2つ上がります。


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※2番サビで1回

hiC[掠れさせて居]hiD#裏[たの]C[だ]hiA#[ろ]C[う](2番サビ)


【補足】hiAhiDの注意点

hiB[ほ]hiC[お]hiA#[刺]C[す] A#[あ][の山]B[手]C[通]り(Aメロ)
★煙草m2G#[の]空きばG#[こ]を捨てG#[る]

m2A[静]寂を破るドhiA#[イ]hiA[ツ]A[と パ][カー](Cメロ)
★サイhiC[レン][音] hiA[げん]hiA#[じ][つ]C[界] A#[或][る]hiD裏[浮]A[遊]

★不穏な悲鳴をhiA[愛]さないで 未来A[等] 見ないで(転調サビ[+2])
hiB[か]くしん出来る いhiA#[まだけ]A#[さねて]A[ぇ]



 まず、『罪と罰』についてです。この楽曲は、2000年に女性シンガーソングライターの椎名林檎さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『勝訴ストリップ』およびベストアルバムにも収録されています。シングル曲『ギブス』との2枚同時リリースとして当時話題になりました。

 『罪と罰』はロック色の強い楽曲にです。ギターは、当時BLANKEY JET CITY(ブランキー・ジェット・シティ)に所属していた浅井健一さんが担当しています。浅井さんは、椎名林檎さんの楽曲『丸ノ内サディスティック』の歌詞中にも愛称ベンジーとして登場しています。

 『罪と罰』の音域的な特徴についてです。図にも示すように音域はかなり広めの作品になります。最高音自体はそこまで高くはないです。ただ、椎名さんの抑揚などを表現しようとすると、難易度は非常に上がります。その点なども考慮して、各々工夫すると良いと思います(後述)。



 最後に、『罪と罰』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域より広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Dについてです。楽曲のラストに登場します。ここは、低音が強調される場面です。歌いにくいと感じた場合は、1オクターブ上のメロを弱めのニュアンス歌唱するのも良いと思います。ただ、出来れば原曲通りに歌唱したいところです。
 キーを下げて練習する場合、このラストの場面はあまり気にしてなくても良いと思います。

 地声最高音hiDはラストのサビで1回だけ登場します。回数としては少なめであります。この場面を除くと、同曲はhiC辺りを安定的に歌えるとかなり形になりやすいです。音域は広いですが、「高音域自体は滅茶苦茶には高くない」です。その点を頭に入れておくと、手を付けやすいと思います。

 一方で、『罪と罰』は椎名林檎さんのエレキギターのような声色が特徴的でもあります。こうした部分まで表現しようとすると、難易度が上がってきます。各々の状況を踏まえ、どういう表現を目指したいのかを考るとよいです。

 『罪と罰』は音域自体はかなり広めであり、キーの調整には向きにくいです。最高音自体はそこまで高くないですので、高音域が得意な方はキーを上げても良いかもしれません。多くの女性にとってはキー調整が難しい作品だと思います。
 もし、キーを下げて練習する場合、楽曲のラストの部分はあまりこだわらなくてもよいです。ラストの部分を除くと、最低音はmid2Aになります。