こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『HELLO』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲ですが、リリース直後ということもあり、タイミングよくリクエストも頂きました。

 ※当ブログがこれまで取り上げたヒゲダン作品についてはご覧ください⇒ヒゲダンの音域一覧

『HELLO』(Official髭男dism)
『HELLO』(Official髭男dism)









【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロで多い

m1E[ア]ンバランスなBGM E[う]たい出した僕ら(Aメロ)
m1E[お]世辞も背伸びもE[要]らないただのぼE[くらで 
m1E[そのま]までいいっ[て] E[信じ]られた[から] 


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※楽曲ラストで1回

★何度でも言m2G#[う]hiC#[HE--LLO]hiB


【裏声最高音】hiB(B4) ※曲全体で1回

hiA[じ]m2G#[ん]せいG#[にま]hiB裏[よう]たびに(2番Aメロ)


【補足】mid2F#(一部のみ)hiBの注意箇所

★まちじゅm2F#[う]hiA[のけし]m2G#[きで]F#[も敵い]やしない(Bメロ)
★ぶごm2F#[え]m2G#[のよ][うな]ハーF#[モニー]G#[を] 

hiA[HE-][LLO]G#  m2F#[さん]びゃくろF#[くじゅ]うど(サビ)
hiB[無]hiA[傷]A[生]B{き]A[る]
m2G#[バ]G#[ア]G#[張っ]hiA[て]G#[たっ]てことを
★気m2F#[付]hiA[か]m2G#[せ]F#[てく]れた僕[のヒ]G#[ロー]

★まちじゅm2F#[う]hiA[のけし]hiB[き]m2G#[は](Cメロ)
★あhiA[る]m2G#[いて]hiB[こう] 


 まず、『HELLO』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされました。EP作品としてリリースされ、前回取り上げた『Laughter』(過去記事)も収録されております。同曲は、朝の情報番組『めざましテレビ』のために書き下ろされた作品であり、お馴染みの方も多いと思います。

 『HELLO』はシャッフルのリズムが用いられた軽快なロックナンバーです。シャッフルの作品としては、当ブログでは、Mrs. GREEN APPLEの『lovin'』(過去記事)、UVERworldの『AS ONE』(過去記事)などが挙げられます。興味を持たれた方は視聴してみてください。

 


 さて、『HELLO』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#は楽曲のラストで1回だけ登場します。それ以外では、hiBがサビとCメロで登場します。一つの目安として、このhiBやhiAを安定的に歌いこなせると形になりやすいです。
 一般的な男性の音域としては高めですので、キーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲キーから3~4つ程度下げてみてください。

 『HELLO』は低音部分に余裕があり、キーの調整は可能であります。ただ、キーを調整するにしても、ある程度歌い慣れておいた方がいいと思います。キーを調整しても歌いにくい場合は、別の曲と並行して練習してください。

 『HELLO』は音域的には、女性の方が歌いやすいです(低音部分が少し歌いづらいかも)。原曲くキーか、もしくは1つ程度キーを上げてもよいと思います。男声のみならず、女性にもチャレンジしてほしい1曲です。

ヒゲダンの音域一覧