こんにちは。今回はGLAYの『SOUL LOVE』(1998)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『SOUL LOVE』(GLAY)
『SOUL LOVE』(GLAY)










【地声最低音】mid1B(B2)  ※Aメロで複数回登場

m1B[あ]たらしい日々の始まり(Aメロ)

★そんなあるm1E[日の]m1D#[午]後に(Aメロ)
★言葉は今必要さm1E[を]なくしm1D#[てる]ぅ(Bメロ)

※m1Bはだわらなくてもよい。ここ以外ではm1D#が低音


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※曲全体で1回

hiC#[こ]hiB[こ]hiA#[ろの]ぉまA#[まに]B[ぃ](ラストサビ)


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※2番サビ終盤で1回

★(さんざめく気持ち おさえきれずにいる) hu hiC#裏[hu] hiA#[hu hu] hiB[hu]


【補足】mid2E(一部略)hiBの注意点

★ふいに心を奪m2E[っ]た瞬間の(サビ前半) 
★あのm2E[トキメキよ]りも眩しい程に

★いつかm2F#[出逢う]F#[の中] oh m2G[oh](サビ後半) 
m2G[ここ]hiA#[ろの]m2G#[ぉま]A#[まに]hiB[ぃ]
m2E[あなた][こ][し]m2F#[て Wow]

★あなたは こんな俺に m2E[示して]くれた(2番Aメロ)


 まず、『SOUL LOVE』(ソウル・ラブ)についてです。この楽曲は、1998年に4人組ロックバンドGLAYによりリリースされたシングル作品です。アルバム『pure soul』を始め、ベストアルバム等にも収録されております。シングル曲では歴代3位、YouTubeの公式チャンネルでも2020年9月現在、4番目の再生回数(1700万回超)を記録しており、人気の高いシングル曲の1つではないかと思います。

 『SOUL LOVE』は夏の始まりを思わせるような爽やかなロックナンバーです。同時に発売された『誘惑』がロック色の強いナンバーですので、それと対になるようなイメージです。
 歌メロについても、AメロBメロサビといった形で作られており、曲が進むごとに高音域が登場していきます。

 『SOUL LOVE』の音域的な特徴についてです。図で見ると、非常に広い音域で歌メロが作られています。ただ、見た目ほど広さは感じないと思います。サビについては、前半はmid2Eが主体で、後半にhiBやhiC#が使われたレーズが各サビ1回ずつ登場します。その点で、「高音域のパート」と「中低音域」が明確に分かれた作品だと思います。私なりのイメージですが、GLAYの人気曲『HOWEVER』(過去記事)もそうした特徴を持っているように感じました。




 さて、『SOUL LOVE』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1BについてはAメロで登場します。ただ、このm1Bはあまり意識しなくても良い気がします。キー調整をする際は、mid1D#辺りを低音の基準として考えた方がよいと私は分析しました。

 一方、地声最高音hiC#については、ラストのサビで1回だけ登場します。通常のサビではhiBが最高音になります(2回登場)。この3か所がこの楽曲の一番の見せ場になります。この辺りは一般的な男性の音域よりも高めですので、キーを下げた方が歌いやすいと思います。
 ただ、『SOUL LOVE』は、先にも述べたように、この3か所以外はそこまでキーが高くありません。キーを下げ過ぎるとそれ以外のサビの部分が意外と歌いにくくなる可能性があります。
 私なりのイメージですが、「自分が魂を振り絞ってギリギリ出せる」くらいの音を最高音に設定すると良いと思います。そうしたことを考えると、この楽曲は、キー調整するにしてもある程度歌い慣れた人向けの作品といえます。「歌い慣れてきたけど、更にもう少し高い音が出せるようになりたい」という人に良い楽曲かもしれません。

 『SOUL LOVE』は音域自体は広めですが、図で示す程低音は辛くないですので、キーを下げる余地はあります。ただ、それでもやはり歌い慣れた人向けの作品であり、慣れていない人向けのキー調整は難しいのではないかと思います。

 最近は、あいみょんさんなど90年代に影響を受けたミュージシャンなども誕生しています。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。