こんにちは。今回はヨルシカの『風を食む』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 なお、今回は、地声最高音が自信がありません。地声と裏声の境目が大よそhiA#辺りにあるようです。地声最高音は大よその目安と考えて頂ければ幸いです。その点はご了承ください。


『風を食む』(ヨルシカ)、Kaze wo Hamu(Yorushika)
『風を食む』(ヨルシカ)









【地声最低音】mid2A#(A#3)  

【補足】を参照


【地声最高音】hiA#(A#4)  

hiA#地[タイムカー]ドを押して(Aメロ)

※あくまで目安と考えて下さい。


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビで登場

★口をhiD#裏[開]hiD[け]hiC[て]風をC[食(は)]む


【補足】mid2GhiA#の注意点

★明日はきっとm2A#{天]m2G[気で](Aメロ)
★悪いことなんm2G[て]ないね
★僕は朝、目をm2G[ひ]らいた

★あm2G[な]たさえ m2A#[あな]m2G[た]さえ(サビ) 
★これはhiA#裏[きっとわから]m2G[な]いんだ
★はにm2G[か]む顔が散らG[つ]く 
★さhiA#[くらの散りぬ]m2G[る]hiC裏[を]
m2G[な]がむ 今、かhiA#[ぜを]hiC[食]A#[む]

★二hiA#[割引のここ]hiC[ろ]A#{は] (2番Aメロ)


 まず、『風を食む』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニット・ヨルシカによりリリースされたシングル作品です。配信限定にシングルになります。最新作ということもあり、フィジカルリリースは今のところ無く、アルバムにも未収録になります。
 『風を食む』はTBS系のニュース番組NEWS23のエンディングテーマ曲としてタイアップが付きました。作詞作曲を手掛けたn-bunaさんは「消費社会」をテーマに制作したそうです。

 『風を食む』は全体としてゆったりとした落ち着いた楽曲です。「消費することに疲れてしまった心を最後に優しく包むような曲を書きたい」との思いでアレンジされたそうです。そうしたこともあり、歌メロなどはドラマティックな展開があるわけではないですが、全体として温かみを感じる楽曲です。

 歌メロについてです。先にも述べたように、「優しく包むような曲」ということもあり、ボーカルのsuis(スイ)さんの発声も非常に柔らかです。こうしたこともあってか、地声と裏声の区別が極めて難しく感じました。同曲を歌唱する際は、高音部分で刺々しくならないように、柔らかに歌うように意識すると良いと思います。hiA#等を地声で出すと刺々しくなる場合、裏声で歌唱しても良いと思います



 さて、『風を食む』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は判別が非常に難儀しました。ここは大よその目安と考えてください。みなさんが歌唱される場合、「柔らかく発声する」ということを意識されると良いのではないかと思います。その中で、例えばhiA#辺りが刺々しくなる場合は、裏声でもよいのではないかと思います。また、キーを下げて対応するのも良いと思います。
 
 『風を食む』は音域自体は高音寄りになっております。よって、キーを下げて歌唱することも可能です。歌い慣れていない人が合いやすいキーに合わせて歌唱することにも向いていると思います。歌唱をする際は、先にも述べたように、「柔らかさや優しさ」を意識すると良いです。
 
 『風を食む』はカラオケで盛り上がるといった類の作品ではないと思いますが、難易度自体はそこまで高くなく、ヨルシカ作品でも手を付けやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

 ちなみに、音域的には声の高い男性などもチャレンジしやすいのですが、原キーだと柔らかく歌うのが難しいのではないかと私は分析します。男性の場合は、声の高い人でもキーを下げた方が合いやすいのではないかと思います。