こんにちは。今回はMr.Childrenの『innocent world』(1994)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。女性ボーカルの楽曲をアップするつもりでしたが、予定が狂ったため、こちらに切り替えました。

 なお、同曲は、アーティスト及びレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、まっきんさんによるベースのカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカル桜井和寿さんの表現がフル尺で確認できます。


『innocent world』(Mr.Children)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★抱き合えたあの頃が m1C#[む]ねをかすめる
★哀れな自分(おとこ)が m1C#[い]とおしくもある C#[こ]の頃では


【地声最高音】hiB(B4)  ※各サビで1回ずつ&ラスト

m2G#[会]hiA[え]hiB[る]A[と]G#[い]A[ぃ]G#[い]F#[な]
★そのhiB[と]hiA[き]m2G#[は]m2F#[ら]って


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※ラストサビで1回

★果てしなhiC#[く]m2G#[つ]G#[く]m2F#[ぅ]




【補足】mid2E(一部略)hiAの注意箇所

★歩m2E[き]続E[け]て行E[くよ] E[いい]だろう? mr. myself(Bメロ)

m2E[い]E[の]日も [こ]m2F[#[の]E[む]E[に] (サビ)
★なhiA[が]m2G#[れ]m2F#[て]る F#[メ]ロディー
★こころをつm2G#[た]hiA[う]m2F#[よ]

★のhiA[ぼ]m2G#[る]m2F#[そ]F#[ま]m2G#裏[に]
★まhiA[た]m2G#[ど]m2F#[こ]F#[で]
★イノセント m2F#[ワー]m2G#[ル]

★生まれてくる m2E[Oh] m2F#[い]E[ま]にも(ラストサビ前)

『innocent world』(Mr.Children)









 まず、『innocent world』(イノセント・ワールド)についてです。この楽曲は、1994年に4人組ロックバンドMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。アルバム『Atomic Heart』(アトミック・ハート)に収録され、またベストアルバムなどにも収録されています。Youtubeで音源などは公開されていませんが、第36回日本レコード大賞で大賞を受賞したMr.Childrenの代表的な楽曲の一つであるといえると思います。

 『innocent world』についてですが、ミディアムテンポのバンド曲で、全体として爽やかさと切なさが同居したような作品になっております。また、歌詞については、これまではMr.Childrenの楽曲は「恋愛」がテーマになったものが多かったのですが、この『innocent world』から「風刺」や「人生」「自分らしさ」などもテーマになり始めました。歌詞の部分でも転機の楽曲といえます。

 歌メロについてですが、AメロBメロサビという形のなじみやすい構成です。AメロBメロ、サビへとホップステップジャンプのように進行していき、キーも上がっていきます。Bメロまではそこまで高くないのですが、サビは高めの音階が連続して続きます。
 音域については、図に示す以上に広めであります。キーの調整は可能ですが、初心者向けに調整するのは難しいです。この辺りもミスチルの楽曲の特徴といえます。




 さて、『innocent world』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1C#についてです。音階の上ではそこまで低くないですが、AメロBメロは全体として低めの音域が続きます。見た目以上に低いと考えてよいです。

 地声最高音hiBは各サビで1回ずつ登場します。この場面もそうですが、サビではhiA,mid2G#辺りの高めの音階が連続的に続きます。一般的な男性の音域としては高めですので、キーを下げることも考えてください。目安として、原曲キーから3つ程度下げると、最高音がmid2G#に設定されます。ただ、この楽曲は音域が広めですので、キーの調整できる余地は少ないです。

 『innocent world』は音域が広めであり、キーの調整はやや行いにくいです。図を見ると、低音部分に余裕があるように見えるのですが、AメロBメロは低音域が連続して続きますので、意外と余裕がありません。Official髭男dismなどの楽曲が歌える人であれば、キーを少し上げても良いと思います。
 よって、ある程度歌い慣れた人であれば、キー調整可能ですが、歌いなれていない人向けに低く設定するのは難しいです。その点は留意しておいてください。
 Mr.Childrenの楽曲は音域が広めなものが多く、その点がキー調整のハードルになることもあります。

 『innocent world』は歌い慣れた高音域がある程度得意な人には手を付けやすいですが、初心者や高音域が苦手な人には少しハードルが高いです。ただ、有名な作品ですので、歌いこなせると非常にかっこいいと思います。