こんにちは。今回はサカナクションの『陽炎』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です(長らくお待たせしました)。

 今回は動画として、映画『曇天に笑う』の公式動画と、Hirame Guitarさんのギターカバー動画を添付しております。公式動画では、出演者による楽曲とともに曇天ダンスが披露されております。


『陽炎』(サカナクション)、Kagerou(Sakanaction)
『陽炎』(サカナクション)










【地声最低音】mid1C(C3)  ※Aメロ

★夢を見てた 花火のようm1C[に]すぐ消えた


【地声最高音】hiA(A4)  ※登場回数は多めです

m2F[赤い空]F[ぼ]m2G[く]hiA[は]G[待っ][た](Aメロ)

hiA[Oh] m2G[Oh]  m2F[一気に鳴く鳥 遠い][れない] (サビ)
hiA[か]m2G[げ]m2F[ろう] A[か]G[ぁげ]F[ろう]


【補足】mid2FhiAの注意点

★はしゃぎすぎて無くm2F[した] (Aメロ)
m2F[いつになく泣いてるよう]m2G[だ]

m2F[いつになく煽る] hiA[yeah] F[oh] (ラストサビ前)

※イントロのラララはhiDが最高音になります。


 まず、『陽炎』(かげろう)についてです。この楽曲は、2018年にロックバンドのサカナクションによりリリースされました。
 『陽炎』は同名漫画を原作とした映画『曇天に笑う』のために書き下ろされた作品です。ベストアルバム『魚図鑑』にはmovieバージョンが、アルバム『834.194』にはアルバムバージョンがそれぞれ収録されております。オリアルのバージョンはムービーバージョンとは別に、ギターソロやラストサビ前の歌メロが付加されております。

 『陽炎』はアップテンポのエレクトロナンバーです。どことなくオリエンタルな印象を与えるイントロなどが耳を惹きます。
 歌メロについては、Aメロサビといったシンプルな形で構成されております。歌メロをシンプルにし、バンドの演奏などに多くの尺を使うスタイルはサカナクションらしさでもあると思います。2番はAメロの後に、間奏に入り、そのままラストのサビに入っていきます。





 さて、『陽炎』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてですが、サビとその近辺で登場します。私なりの印象ですが、ボーカル山口一郎さんはある程度余裕を持って、このhiAを発声しております。よって、原曲のニュアンスを再現する際は、「ギリギリhiAが出せるレンジ」という人では少し苦しいかもしれません。
 一般的な男性の場合、少しキーを下げた方が歌いやすいです。この『陽炎』に関しては、「自分がハッキリくっきり出せる一番高い音」を最高音にすると良いと思います。

 『陽炎』は音域自体がやや広めでありますが、低音部分に少しキーを下げる余裕があります。歌い慣れた人であれば、合いやすいキーが見つかりやすいと思います。反面、普段歌い慣れていない人にとっては、少し難しい部分が出てくるかもしれません。その点は留意しておいてください。難易度が低いというわけではないですが、キー調整という点においては、『新宝島』(過去記事)『アイデンティティ』(過去記事)などの方が、手を付けやすい印象です。

 『陽炎』はアップテンポの楽曲であり、歌メロもリズミカルでノリがよいです。興味を持たれた方はカラオケなどでチャレンジしてみてください。