こんにちは。今回はsumikaの『センス・オブ・ワンダー』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『センス・オブ・ワンダー』(sumika)、Sense of Wonder


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★ m1D#[忘]れていませんか? m1D#[地]続きの過去は尋ねる(Aメロ)
m1D#[ノー]トを読み返しD#[た]らいい
m1D#[す]すめ 想像以上の自分へ(サビ)

※サビ冒頭で最低音が登場します

【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビで登場

m2F[か]m2G[じ]m2G#[を取りお][と]G#[な]G[に]F[る](サビ)
★立ち止まるよりもさm2F[ら]に向m2G[こう]m2G#[へ]
★すm2F[す]m2G#[め]

★じm2F[ぶん]m2G#[の][き]な自[分]F[な]G#[る](ラストサビ)

【裏声最高音】hiB(B4) ※サビで登場

★そm2F[れ]m2G#地[が]hiB裏[す]hiA#[べ]m2G#[てさ]




【補足】mid2Fmid2F#の注意箇所

★“やりたい”のさm2F[き]m2F#[で]“F[な]りたい”自分

m2F#[I ]Know m2F[Yo-]-u Know  
★そのm2F[さ]m2F#[き]の答えだけを見つm2F[め]F#[いい]
★感情(もの)だけが嘘じゃなくほんもm2F[の]

★こm2F[た]えはF[ある]ぜ 声なき声がF[み]ちびF[く]

『センス・オブ・ワンダー』(sumika)









 まず、『センス・オブ・ワンダー』についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドsumikaによりリリースされたEP『Harmonize e.p』に収録されています。新しい作品ですので、アルバムでのリリースはまだありません。
 『センス・オブ・ワンダー』は学生向けの添削通信教育「進研ゼミ」の2020年のCMソングとして書き下ろされたものです。進研ゼミのCMソングは、これまで多くのミュージシャンが担当してきており、YUIさんの『GLORIA』(2010年)などヒット曲も生まれております。

 さて、『センス・オブ・ワンダー』は軽快なポップナンバーです。sumikaにはキーボードを担当するメンバーが居り、アノの音色が目立ちますが、私自身は、アメリカ南部の音楽を想起させるようなエレキギターのフレーズが心地よく感じました。 

 歌メロについては、AメロBメロサビという形で馴染みやすいと思います。音域については、低音部分に余裕があり、キーの調整は可能です。一方で、サビについては広く音域が使用されており、上下が激しいように感じました(サビではmid1D#~hiBまで登場します)。



 さて、『センス・オブ・ワンダー』についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。地声についてはおおよそ、一般的な男性の範囲内か少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#についてです。mid1D#はAメロのみならず、サビの冒頭でも登場します。最低音部分は落としても目立ちにくいですが、しっかり歌いこなしたい人は気を付けてください。『センス・オブ・ワンダー』は低音部分が比較的多く登場します。高音域が得意な人は、場合によってはキーを少し上げても良いかもしれません。

 地声最高音mid2G#についてはサビで多く登場します。一般的な男性の場合、ある程度歌いこなせている人でも、このmid2G#辺りが一つのボーダーラインになります。高音域が辛いということも普通にあり得ますので、その場合はキーを少し下げても良いと思います。

 カラオケなどが歌が得意な人はmid2G#はそこまで難易度が高い音階ではないかもしれません。ただ、この『センス・オブ・ワンダー』については、【m2F[か]m2G[じ]m2G#[を取りお][と]G#[な]G[に]F[る]】のように、mid2F,mid2Gといった音階を伴って登場します。中高音域が連続的に登場すると、最高音がそこまで高くなくても難易度は上がります。

 sumikaは以前取り上げた『願い』『Lovers』などは地声の最高音自体はそこまで高くありません。ただ、mid2G#,mid2Gなど高めの音階が連続的に登場するため、その分難易度は高くなります。
 「この辺りのキーならばは本来は歌いこなせるのに、あまり上手くいかない。途中で息切れ手してしまう」という場合は、最高音だけでなく周辺に高めの音が連続して登場しているケースが多いです。その辺も含めて、練習に取り組んでください。