カテゴリー

『青春と一瞬』(マカロニえんぴつ)の音域

こんにちは。今回はマカロニえんぴつの『青春と一瞬』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『青春と一瞬』(マカロニえんぴつ)、Seishun to Isshun(Macaroni Enpitsu)
『青春と一瞬』(マカロニえんぴつ)の音域







【地声最低音】mid1G(G3) 

★手放m2F[す]なよm1G#[若]者、m1G[我が]物が[お]【サビ】


【地声最高音】hiC(C5)  ※曲全体で1回

★時間m2G#m2F[は][こ]し足]hiC[り][な]Fいのがいい【ラストサビ】


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※曲全体で1回

★全m2G#[部]hiA#[ぜん]hiC#[ぶ] hiA#[ま]G#[ぶ]hiA[ぅ]G#[し]いね【2番Aメロ】


【補足】mid2F(一部略)hiC#を含むフレーズ一覧

m2F[書い]て 消して 悩んでm2F#[出し]F[た]定理は【Aメロ】

★語り合ったりたまに泣いたりでm2G#[き]るくm2F[らい]の 【Bメロ】
★すばm2F[ら]m2F#[しい]F[日]々をくれ

★つまらm2G#[ない]、くだら[ない]たいく[つ]m2F[だ]けをあ[い][抜]【サビ】
★(いつでも僕らに)時間m2G#-m2F[が][こ]し足]hiA#[り]F[な]いのは 
★青春といっm2F[しゅ]んが[セッ]トだから

★友よ 声よ きm2F[の][よ] ぼ[く][身]m2G#[よ]【Cメロ】
★出ろ来m2G#[ご]m2F#[こ]F#G#[の[こ][も] 剥き出]しで [Fu]hiC#

★ずっm2F#[と埋]m2G#m2G[ま][ない][らい][いい]【ラストサビ】


 まず、『青春と一瞬』(せいしゅんといっしゅん)についてです。この楽曲は、2019年にロックバンド・マカロニえんぴつによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルであり、ミニアルバム『season』に初収録されました。また、フルアルバム『hope』には『⻘春と一瞬(Strings ver)』として収められております。
 この楽曲は、インディーズ時代の作品でありながら、日本マクドナルド「500円バリューセット」のCMソングとして書き下ろされたものであります。楽曲内では、マクドナルドをオマージュしたフレーズも登場します。

 『青春と一瞬』はゆったり目のテンポのバンドナンバーです。歌メロはAメロBメロサビといった形で作られており、非常に親しみやすいと思います。この楽曲は、マクドナルドのCMソングとして書き下ろされました。そのためか、演奏の一部で、「マックポテトが揚がった時に使われるアラーム音」をオマージュしたフレーズが登場します(ベースギターの音です)。これは、ベースギターの高野賢也さんの発想だそうです。
 私自身は、楽曲もですが、MVも非常に印象に残りました。MVはボーカルはっとりさんの故郷である山梨県で撮影されており、俳優の森七菜さんが出演しております。山梨の景色、森さんの演技などが非常に印象的です。また、MVのラストに背景に登場する前方後円墳(おそらく、笛吹市の岡銚子塚古墳だと思います)なども古墳好きの私としては強く焼き付きました。


 さて、『青春と一瞬』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについては、ラストサビで登場します。曲全体で1回のみであります。地声で歌えるに越したことはないですが、場合によっては裏声でもよいのではないかと思います。
 私なりのイメージですが、大体m2G#~hiA#辺りがしっかり歌いこなせると、形になりやすいのではないかと思います。この辺りは一般的な男性の音域よりも高めですので、キーを下げた方が歌いやすいです。目安として、原曲キーから2つ程度下げてみてください(♭2)。

 『青春と一瞬』は、男声曲としては低音が高めであり、その分キー下げなどは行いやすいです。歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。はっとりさんのように歌いこなすには練習が必要ですが、大きなキー調整に抵抗が無ければ、練習曲としても使いやすいと思います。

 『青春と一瞬』は先にも述べたように、①低音が高めであり、②男声曲としても少し高めであります。こうした特徴を備えた曲は、mid2E~mid2G辺りの中高音域が多く登場することが多いです。同曲についても、【m2F[書い]て 消して 悩んでm2F#[出し]F[た]定理は】のように頭から高めの音が登場します。そのため、持久力もある程度要求されます。逆に、ある程度高音域が得意な方は歌いやすいかもしれません。

 『青春と一瞬』はレンジ的には女性も手を出しやすいです。細かく表記してませんが、同曲はmid1G#辺りが多く登場します。そのため、声が高い女性などはキーを上げた方がいいですが、普段あまり歌い慣れて無い女性、声が低い女性などは原キーでもチャレンジしやすいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする